たまには珍しいのを

c0106036_17452443.jpg


いやぁ、暑くてだれたり、まともに更新していないので8月はちょっと内容が薄いですね(;´・д・)
マニアック向けなものがない!!ちゅうことで本日はウミドジョウ Sirembo imberbis です。

この子は水深100~200mの砂泥底に棲むお魚で、まぁ普通は見かけることはありません。一応網には普通に入ってくるのですが、大きくなっても25cm程度というこで、あんまり食用にされていないようです。まぁ食べれるので見かけたら食べてみてください。

水族館で飼育されることはほとんどなく、飼育されても長期飼育というのは聞いたことがありませんねぇ。後輩の女の子(見た目は幼女)が海響館で昔飼育されてたとおっしゃっていました。まぁ網に入るとはいっても底引網ですから、綺麗な状態で入ってくることが少ないということでしょう。

ちなみに写真子はまだ10cmもありませんが、尾びれが多少傷ついているだけでかなり状態はいいです。まだ生きていますが、ただいま断固摂餌拒否中なので、がんばって説得している現在であります。餌食わんと死んじまうぞ~~L(゚ω゚o)オーー(゚|ω|゚)ーーイ!!(o゚ω゚)」

さて、真人屋は半分サービス業ですが、昨今摩訶不思議なクレームが増えてまいりました。これは確実に暑さにやられております!!言ってる本人がキョトンとしてしまうこともあったり、普段ならきっと心の声なんだろうということまでクレームとしてやってきます。

皆さん、頑張ってください!!もう暑くて無理!!っていう気持ちはわかりますが、しっかりと自我を保ってくださいね。゚+.*(+・`ω・)9《★F i g h t★》。゚+.*

もぅ、ここだけの話、お父さん達の疲れっぷりが半端ないですね。家族の皆さんはお父さんに優しくねw
[PR]

by masato_ya | 2011-08-18 17:50 | 真骨魚類

<< ちっちゃいやつ    今日も美味しい魚 >>