タグ:フサカサゴ科 ( 8 ) タグの人気記事

かさご~~ん

c0106036_2033328.jpg


どんも、ぼちぼち更新してきたいと思います、真人屋ですヾ(・д・。)

さて、むか~し元祖真人屋の方でご紹介したことがありますが、まぁメジャーなお魚のご紹介です。ちゅうわけで本日はカサゴ Sebastiscus marmoratus です。和名は短いのに、学名長いなぁ(●´艸`)

さぁ、このカサゴさんですが、別に魚のことが特段好きとか、普段から釣りしてますとかいう方じゃなくても、大体名前くらいは知っている方が多いお魚だと思います。水族館に行って人が喋ってるのを聞いてると、どっかのおっさんが「あ、こりゃあ~の仲間だ」とか言ってるんですが、大きく別れるのが「タイ」「フグ」「アジ」「カサゴ」といった感じです。たまにアイナメとか(w

それぐらいカサゴは有名っちゅうことですね。ちなみに上記のオッサン式ざっくり分類法はだいたい間違ってますのであしからず*´∀`)

地味ですが意外とどこの水族館にもいる気がしますね。名脇役ですか。よく見てみると、今回の写真のようにロープの上にじっとしているとか、意外とアクロバティックな格好とかしているので、気にして観察すると面白いです。ちなみに食べて良しの万能型でもあります。

さて、このカサゴさん、ものすごく良く似た種類がいて、うっかりすると間違ってしまうぐらいの子がいます。その名も「ウッカリカサゴ」。・・・( ゚Д゚)y !?

まぁ、由来自体はいくつかあるんですが、もう似たりよったりな理由なんで、気になる人は自分で調べてみてください。今日はカサゴの紹介だしね。まぁうっかりカサゴと別種と気づかなかったって感じです(w
[PR]

by masato_ya | 2012-10-19 20:36 | 真骨魚類

長らくお休みしております。

c0106036_1852869.jpg


どんも、ご無沙汰しております。どうにも忙しくて記事を更新する気力が湧いてきませんでしたorz
現在もボチボチ落ち着いてきましたが、やることは盛り沢山なので、まだまだ気まま更新が続きます。ネタはちゃんとありますので、真人屋自体が終わるわけじゃないですよ!!

さて、長いことお休みしておりますので、長いつながりで行きたいと思います。ちゅうわけで本日はヒレナガカサゴ Neosebastes entaxis です。

なんかカサゴに似てるけど、なんか違うなぁ~って感じのお魚です。普段はちょっと深い岩礁域や砂底に棲んでいます。まぁ、美味しいお魚らしいですが、ほとんど認識されていなさそうですね。

ちなみに大瀬崎なんかでは、小さい幼魚がダイバーさんに人気らしいです。
[PR]

by masato_ya | 2012-04-07 18:52 | 真骨魚類

心身ともにボロボロですねん。

c0106036_1652275.jpg


ども、寒さで身も心もダメダメな真人屋です。その昔東北の親戚に仕事を世話してやるから青森まで来いと言われましたが、寒いからやだと断ったことがあります。青森に行ってたら本当に寒さで死んでたな(´Д`;)

さぁ、話は生き物にかわりまして、本日はボロカサゴ Rhinopias frondosa です。この子はここ最近水族館でも割と見かける子なんですが、実は結構お値段設定が高い魚ではあります(w

でもまぁ、見た目も面白いし、あんまり動かないので写真も撮りやすい、カラーバリエーションも豊富、さらに脱皮までしちゃう不思議な魚である、などなどハイスペックな小粋な奴なんですなぁ~。でも食べるって話は聞かないので、美味しくないのかもですね。

個人的にはカサゴの仲間は大好きなのでこの子も好きなんですが、飼育するのは面倒そうですねw
なんか餌も生き餌以外はあまり食べないようですしねぇ。まぁよそ様が飼育しているボロカサゴを見て満足することにします。

それよりもここ最近は深海生物のシーズンですから、そっちに力を入れなければ☆ウキ(p。・∀・q)(p・∀・。q)ウキ☆
[PR]

by masato_ya | 2012-01-29 16:53 | 真骨魚類

赤いけども・・・・

c0106036_2018146.jpg


今日は読書dayだったので、1日引きこもりをしておりました真人屋でシ。早速ですが本日はシロカサゴ Setarches guentheri です。なんか赤いけどシロカサゴです。ちゃんと近い仲間にアカカサゴもいます(=゚ω゚)ノ

この子はお会いした時にはすでに虫の息、☆直前でいらっしゃいまして、まことに残念だったのですが、すぐお亡くなりになりました。というわけで鮮度も良かったので食べてみました(w

煮つけにしたのですが、煮方が悪かったのか身離れがちょっと悪い感じでしたが、味はとても良くて美味しかったです。僕的にはかなり好きな味でした。

ちなみにこの子は水深150~700mくらいの結構深いところで暮らしてまして、まぁほぼ深海魚といっても良いでしょう。写真の子は250~300mくらいで獲れた子です。

うちでよく見かける子はユメカサゴという子なので、もっと変わったカサゴにも会いたいなぁ~、なんて思っちょります。カサゴも良く見るとなかなか味わい深い御尊顔でありますなぁ∩( ´∀`)∩
[PR]

by masato_ya | 2011-05-12 20:19 | 真骨魚類

伊豆

c0106036_2034094.jpg


本日はイズカサゴ Scorpaena izensis です。

この写真は撮るのに苦労しましたorz
この子は竹島水族館の子ですが、なにせいつも水槽の奥にいる(汗)。たまに表に出てきても、カニの足やら他の魚やらが邪魔したり、良いポジションにいなかったりでほんとに最近とることができました!!

イズカサゴ自体は以外に市場で見かけますが、なにせ深い所に棲んでいることと、味がいいことでお値段もなかなかに張るのです。

この子は水深200mくらいで獲られた子ですが、浅いところだと80mくらいでも獲れるそうです。
[PR]

by masato_ya | 2010-11-28 20:34 | 真骨魚類

黒いぞい

c0106036_21362856.jpg


本日はクロソイ Sebastes zonatusschlegeli です。

この子は50㎝ほどに成長するカサゴの仲間ですが、まぁインターネットの人に聞いても主に出てくるのがその美味しさについてでしょう。カサゴの仲間は大概美味しいですが、この子は特に美味しいそうで、塩焼きや煮物、鮮度が良ければお刺身もいけちゃうそうです!

普段は水深100mよりも浅い所の砂泥底や岩礁域に棲んでいます。大人になると春から夏は沿岸の浅瀬に移動し、秋から冬は沖合の深いところへ移動します。

地味~に水族館では結構見かけますが、本当に地味~な色合いなうえにあんまり泳がないので、皆さんの興味はあまりひけていないと思いますw

でも餌を食べてる時は意外と面白いんですよ。
[PR]

by masato_ya | 2010-10-15 21:37 | 真骨魚類

さようなら

c0106036_23434116.jpg


本日はミノカサゴ Pterois lunulata です。これは僕が今の職場で撮った写真で、一番最初にうまく撮れた気がした写真です。元祖真人屋でも一部の人(笑)に褒められた気がします。

実は真人屋は今の職場を退職することになりました。つっても次も今と似たような施設で働かせていただきます!!今の職場についてから真人屋を始め、色々な方と出会うことができました。

一番最初に面識のない方でコメントをくれたcitmenさん、本当に嬉しくて、ドキドキしました。今でもお付き合い、・・・というより面倒見てもらっている水族館ふりーくはかんちょさんをはじめとした水族館ふりーく御一行様(みんなキャラが激濃ゆ)の皆様。そのほかにもボランティアで参加されて、親しくなった方も含めて本当にいい出会いばかりです。もちろん今の後輩たちサンクスです(ちなみにうちの奥様は大学・職場の後輩です)!!!

色々な出会いや経験をくれた今の職場には本当に名残惜しいですが、ぬるま湯につかることなく、日々新たな刺激を求め、いざ発進でございます。これから新たな知識を得て益々の発展を真人屋でしていきたいと思っていますので、皆様よろしく!!

んで、何が言いたいかというと、ちょっとお別れの飲み会が多いので更新遅れても許してね!!ちゅ~ことですわ(笑)

まぁ今日も呑んでるんで、そろそろ体がもたんのですが(汗)

そんなこんなで、職場が変われば更新も一味変わったものになりそうですよ~~~!!
[PR]

by masato_ya | 2010-03-12 23:45 | 真骨魚類

あぼ~ん   


c0106036_21194084.jpg
本日はセトミノカサゴ Astrocottus matsubarae です。なんかあぼ~んって感じの写真になってますが、背びれはシャキーン!!ってしてるし、画像では分かりませんが胸鰭の模様も綺麗です。
普段は比較的浅い砂泥底で暮らしているようです。まぁカサゴの仲間らしく、背びれには毒があります。ただ他のカサゴの仲間は食用などになっているようですが、本種はあまり利用されないようです。食べたらどんな味でしょうかね??底曳網で獲れるみたいなんですが、今だに見たことないんですよねぇ。

[PR]

by masato_ya | 2009-06-30 21:19 | 真骨魚類