あずまっくす

c0106036_1774118.jpg


ど~も~~!!順調に更新しております。珍しいことです。何ヶ月ぶりなのか、1年ぶりくらいなのか、なぜ順調なのか、謎は深まるばかりですが、本日も更新していきたいと思います( ;⊙´◞౪◟`⊙)

さて本日はアズマハナダイ Plectranthias kelloggi azumanus です。なんか学名が1つ多いような気がするのは、日本のアズマハナダイはハワイ産のアズマハナダイの亜種と考えられているからです。だから間違いじゃないよ。

ほんで、この子は水深100~300mくらいのちょっと深いところから、深海に棲んでいる子で、水族館などではたまに見かける子です。一番見やすい水族館は伊豆三津シーパラダイスかな??違うかしら、どうかしら??まぁ探してみてください。

綺麗な魚ですが、食用としてすり身になってカマボコになっているようです。まぁカマボコの原料はいろんなのが入っているので、驚きはしませんが、使っているすり身の種類が全部書いてあるカマボコがあったら僕は絶対に買いますね(w

まぁ綺麗で珍しいけど、実は食べてるかもいれない魚です。・・・こういう魚って実は多いんですよ?

しかし、写真の子はじつにダルそうです( ´∀`)
[PR]

# by masato_ya | 2012-10-24 17:08 | 真骨魚類

初めて見たアル

c0106036_18401597.jpg


どんもこんばんは~、真人屋でございます。なぜか最近真人屋と打ち込むと、魔裟斗屋と変換されて困っております。むしろ真逆の肉体ですわ┌(。Д。)┐ あはは♪

さぁ、全然前フリ関係ないですが、本日はリュウキュウヨロイアジ Carangoides hedlandensis です。この子は最近東海大学の海洋科学博物館(名前長いな)に行ってきた時に出会えたお魚です。名前の琉球と付いていますが、分布的には相模湾なんかでも捕れるようです。

さて、はじめの写真ですが、尻ビレがミョイ~んと伸びていますが、これがオスだそうです。んで、これが伸びていない2枚目の方がメスだそうです。アジの仲間で雌雄の区別が外見から分かる種類ってあんまり知らないんですが、結構珍しいんじゃないですかね??

キラキラしている上に、ヒレが伸びているので結構かっこいいです。イトヒキアジよりもヒレの伸び具合は好きです。やっぱりアジの仲間は良い( ´∀`)

んでこっちがメスね。

c0106036_18434848.jpg


この子達もさすがはアジといったところで、かなり美味しいらしいんですが、やっぱりまとまって獲れないと値段がつかないようです。安値で見つけたらぜひ買って食べてみてください。真人屋はまだ未体験です(w
[PR]

# by masato_ya | 2012-10-22 18:47 | 真骨魚類

かさご~~ん

c0106036_2033328.jpg


どんも、ぼちぼち更新してきたいと思います、真人屋ですヾ(・д・。)

さて、むか~し元祖真人屋の方でご紹介したことがありますが、まぁメジャーなお魚のご紹介です。ちゅうわけで本日はカサゴ Sebastiscus marmoratus です。和名は短いのに、学名長いなぁ(●´艸`)

さぁ、このカサゴさんですが、別に魚のことが特段好きとか、普段から釣りしてますとかいう方じゃなくても、大体名前くらいは知っている方が多いお魚だと思います。水族館に行って人が喋ってるのを聞いてると、どっかのおっさんが「あ、こりゃあ~の仲間だ」とか言ってるんですが、大きく別れるのが「タイ」「フグ」「アジ」「カサゴ」といった感じです。たまにアイナメとか(w

それぐらいカサゴは有名っちゅうことですね。ちなみに上記のオッサン式ざっくり分類法はだいたい間違ってますのであしからず*´∀`)

地味ですが意外とどこの水族館にもいる気がしますね。名脇役ですか。よく見てみると、今回の写真のようにロープの上にじっとしているとか、意外とアクロバティックな格好とかしているので、気にして観察すると面白いです。ちなみに食べて良しの万能型でもあります。

さて、このカサゴさん、ものすごく良く似た種類がいて、うっかりすると間違ってしまうぐらいの子がいます。その名も「ウッカリカサゴ」。・・・( ゚Д゚)y !?

まぁ、由来自体はいくつかあるんですが、もう似たりよったりな理由なんで、気になる人は自分で調べてみてください。今日はカサゴの紹介だしね。まぁうっかりカサゴと別種と気づかなかったって感じです(w
[PR]

# by masato_ya | 2012-10-19 20:36 | 真骨魚類

さぼたーじゅ

c0106036_10493150.jpg


ふぉぉぉぉぉ~~~!!すっかりサボってすっかり放置になっていましたが、超久しぶりに更新しますよぉぉ!!

もうね、あれだ。うん、サボってた。これでもかってくらいヽ(#`Д´)ノ┌┛
と言う訳で、これはちょっとしばらく真面目に頑張ってみようかと思いまして、宣言しとけばやらないわけにはいかないと思いまして、これからブログを真面目に更新します!!っと思ったんですが、僕の意志はガラスよりも脆いので、宣言しないことにしました(w

さ、気を取り直して本日はクモウツボ Echidna nebulosa です。この子は高知県以南の暖かいところに棲んでいまして、わりと浅いところにいるみたいですね。結構キレイな模様なので、水族館の展示や、個人的におうちで飼ってる人も多いみたいです。

まぁウツボさんは丈夫で飼い易いですし、長ものが好きな方にはたまらんでしょうねぇ。知ってる人にもウツボ大好きという方が何人かいます(・∀・)

反面、キモイでやんす( ;⊙´◞౪◟`⊙)、っていう方も多いですけどね。まぁ蛇と変わらんしね。なんかテラテラ、ヌラヌラしてるしね。でも、水族館でキモ~~イ!!って言っているお姉さん方をよく見かけますが、そう言う人に限ってかなりしっかり見てますからね。嫌よ嫌よも好きのうちでしょうかww
[PR]

# by masato_ya | 2012-10-16 10:51 | 真骨魚類

タトゥ~~

c0106036_1184736.jpg


いやいや、相変わらずさぼっておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか(w
ボクの方はプライベートでも仕事でも結構色々ありまして、バタバタしておりますが、
元気に?(今腰が痛いorz)生きております。

さて、本日ご紹介するのはイレズミフエダイ Symphorichthys spilurus の若魚ぐらい?です。
今もいるかはわかりませんが、イレズミフエダイの成魚は立派なものが碧南海浜水族館にいまして、ボクは生きて泳いでるのはそこで初めて見ました。

イレズミフエダイの成魚はものすごい鮮やかで綺麗な魚ですが、この子も成魚と幼魚では大分模様も色彩も違うお魚です。若魚くらいもしっかり綺麗なので、なかなか良いですが、稚魚はやや地味め(´、ゝ`)ニヤリ

ちなみにイレズミフエダイの生態はあんまり分かっていないらしく、色々調べてみると日本ではサンゴ礁の浅海に棲んでいると書かれていますが、パラオなどでは水深300~500mに通常いるのではないかと言われているそうです。え、深海魚なんΣ(・ω・ノ)ノ!w ???なんか繁殖のときだけ浅い所にくるそうな。

と、嘘か真かイマイチわかりませんが、なかなか生態もおもろい魚でした。
不思議さかなですね。
でも一度海の中で大群をみてみたいですねぇ~。

ま、ボク泳げませんけども(●´艸`)フ゛ハッ
[PR]

# by masato_ya | 2012-09-18 11:11 | 真骨魚類