やっべぇ~~

c0106036_2138362.jpg


やっべぇ~~、まじで放置しすぎた((((;゚Д゚))))
もう2ヶ月近く更新してないじゃないですかぁ!!すんません、マジすんません!!
なんかインフルエンザにかかったり、真面目に仕事してたりしてたので、そのへんでのたれ死んでたわけではありません!!

ちゅうわけで久しぶりの更新はヨロイザメ Dalatias licha です。
この子は水深200~600mに棲んでいる深海のサメなので、一般的にはメジャーではないんですが、実は漁獲対象になっているので皆さん、食べているかもしれません。

でも、外国で獲りすぎているので最近準絶滅危惧種としてIUCNから指定を受けました。写真の子は竹島水族館で撮影した子ですが、この子は漁師さんが違う魚を狙って曳いている網に入ってきてしまった子です。

こういう別に狙ってないけど、網に入ってきちゃった子を混獲(物)といいます。水族館ではこういう漁師さんがいらない魚をもらって展示ということが多いようです。まぁ売れるものは漁師さんが売りますから、当然といえば当然ですねヽ(・∀・)ノ

今日はそんな話でした~~。
[PR]

# by masato_ya | 2013-03-23 21:38 | 軟骨魚類

さぁ、大きな声で

c0106036_1931419.jpg


言ってあげましょうじゃあないですか!!今更なんて言わせない!!
さぁ、いくよ!!!!

明けましておめでとうございますヽ(・∀・)ノ

ふふふ、帰省したり、風邪ひいてたり、寒くて冬眠してたり、色々あったせいで全然アップしてなかったけど、やっと皆様にご挨拶ができました!!いやぁ、今回は風邪が長引いた。仕事休めないってのも少しはあるけど、やっぱりお年による体力低下かしらんと、ちょっと寂しい気持ちになりました(´;ω;`)

さて、本年の一発目はシノノメサカタザメ Rhina ancylostoma です!!
こちらは新江ノ島水族館からのご紹介。えの水はもう5・6年行ってなかったので、かなり久しぶりに遠征してきました!!そしたら大雪降ったΣ(゚д゚lll)

さて、この子はもう変な形のおもしろザメなのでとっても有名だと思いますが、100くらいある日本の水族館でもたった9館くらいしか見ることができないそうです。そういえばボクもあとはサンシャインで見たことあるだけですわ(意外と水族館に行ってない)。

実は日本では個体数が少ないらしく、たくさん獲れる東南アジアでは漁獲対象になっているんだとか。
まぁどんな料理にされるのかわかりませんが、一度は食べてみたいですねo(^▽^)o

さて、それでは皆様今年もよろしくお願いします。
[PR]

# by masato_ya | 2013-01-29 19:32 | 軟骨魚類

これ・・・タン?

c0106036_1892794.jpg


どうも、皆さま如何お過ごしですか?なんだかあっちゅう間に今年も御終いですね。なんだか忙しくて今年は何があったかイマイチ覚えてないです(w

さて、そんな年の瀬と全く関係なく、本日はコーレ・タン Ctenochaetus strigosus です。まぁ見た目通りニザダイの仲間です。

ハワイなどに多く分布しているそうで、結構な藻食性です。ですので、水槽のコケなどをつついてくれるので、水族館でもわりと見かける種類だと思います。そして、わりと名前が書いてない種類な気もします|゚Д゚)))

そして・・・、この子・・・、インターネットの人に聞くと、ほとんどの所で地味だとか、飼育難易度普通とか、混泳普通だとか、なんか目立たない評価ばかりΣ(゚д゚lll) 
なにそれ?みんなこの子の良いところはコケ取りだけじゃないでしょ!?って言おうと思ったら、コケもあんまり食べんし、ちゃんと餌やらんと死ぬとか・・・、もうあんまりじゃありません??

だからワタシがこの子の良いところを皆さんに伝えようと思います。いいですか、刮目してみるように!!

え~っと・・・、






あ、あれだ!!顔が可愛い(。・ ω<)ゞてへぺろ♡
それが一番!!
[PR]

# by masato_ya | 2012-12-30 18:12 | 真骨魚類

今回は比較検討・・・しません。

c0106036_21131978.jpg


さて、お約束どおり今回はホソウデヒシガニ Platylambrus laciniatus です。前回のヒシガニに比べると、甲羅の形や、目の下にある棘状の突起の有無、腕に生えている突起の形状など、いくつか簡単に区別できる特徴があると思います。

それとね、この子、ヒシガニに比べると小さいのね。以前にも水族館に行くと、「あら、このヒシガニ大きいじゃないの(当時はホソウデヒシガニをヒシガニだと思ってました)」なんてオバサマ風に言って、サイズが違うだけだと思ってましたが、うんコレ違うね(゚д゚)(。_。)_。)

ホソウデヒシガニは見た限りじゃみんな小さかったね(´・ω・)ショボ~ん

ちなみに、めんどくさいことにヒシガニ様は従来3つの型があるとされていたそうですが、現在はちゃんと3種に別れ、あとミツカドヒシガニなる御仁がいるそうです。ワタクシはまだお会いしたことがありませんので、ここでは比べられませんが、お会いしたらご紹介しますヽ(・∀・)ノ
[PR]

# by masato_ya | 2012-12-19 00:00 | カニの仲間

謎が解けた!!

c0106036_2182564.jpg


みなさん、真人屋です。実は、かねてから謎であったヒシガニ、ホソウデヒシガニの区別がようやく付いた感じなので、今日はご紹介したいと思います。なにせ図鑑を見ても何が違うかよくわからなかったヽ(;▽;)ノ

というわけで本日はヒシガニ Platylambrus validus です。ツノダシヒシガニ Rhinolambrus contrariusでした!!実は、恥ずかしながらワタクシ、今までホソウデヒシガニをずっとヒシガニと思い込んでいたらしく、今回この子とホソウデヒシガニを見比べてようやく分かりました。この子がヒシガニです(´・ω・) ・・・たぶん。
やっぱり謎とけてませんでした~~orz たぶんって言っておいて良かった(;´∀`)

さて、今度ホソウデヒシガニをご紹介するので、じっくり見比べていただけると違うがわかると思いますので、この子の紹介をします(べ、別に比較して説明するのがめんどくさいとかそんなんじゃ・・・)

こ、この子は水深200mくらいまでに棲んでいまして、砂に潜る習性があります。ほんで、見た目通りやたら長い腕がありますが、この腕・・・何に使うんでしょう?テレビのリモコンとか取るのには便利そうですが、基本的にテレビを見るタイプには見えません(w

まぁ、なんですか、あれですね。よくわかりません(`・ω・´)キリ
[PR]

# by masato_ya | 2012-12-17 00:00 | カニの仲間