<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

背中が痛い!!

c0106036_20115571.jpg


どんも、本日も我が社は大繁盛でございました!!お陰様でまことに寒い((((;゚Д゚))))
人が多くなると寒さが厳しくなる不思議な職場です。

さて、本日はそんな寒さも吹き飛ぶ南国のお魚、セナキルリスズメダイ Chrysiptera starcki です。この子は沖縄とかに棲んでいる南国あったかリゾート気分の素敵なお魚でごわす。と言っても実は静岡県以南に棲んでいるので、リゾート気分といっても熱海温泉位な感じ??

さて、この子はスズメダイにしては25~50m位とちょっと深いところに棲んでいます。綺麗なお魚なので観賞魚としても人気がありますが、深いところにいるためお値段はちょっと張るようです。(*´-ω-`)

まぁ雑食性で飼育もそんなに難しいわけじゃなさそうなので、上手に飼えば長く鑑賞できると思いますので、飼いたい人はチャレンジしてもいいんじゃないかと思います。

しかし水槽が傷ついているので、なんだか残念な感じになっちゃいましたorz
[PR]

by masato_ya | 2012-02-26 20:12 | 真骨魚類

夜叉爆ぜ

c0106036_20581728.jpg


なんだかここ最近お仕事がバタバタしておりますが、一段落ついているときの方が少ない気もする今日この頃ですワッショイヽ(゜∀゜)メ(゜∀゜)メ(゜∀゜)ノワッショイ

さて、本日はヤシャハゼ Stonogobiops yasha です。恐ろしいことに種小名もヤシャです。なんでしょう、顔の模様が夜叉っぽいのですかね??名前は怖いですが、とっても小さくて可愛いハゼです。

普段はサンゴ礁域でテッポウエビと共生しているハゼでございます。まぁ、水族館でも見かけるんですが、なにせ小さいうえに(5cmくらいしかない)、びっくりしてすぐに引っ込んでしまうので、なかなかじっくり観察することができない子です(*´Д`)=3ハァ・・・
[PR]

by masato_ya | 2012-02-24 20:58 | 真骨魚類

クサナギ

c0106036_18432950.jpg


あぁ、また紹介してると思ってたらしてなかったヽ(´Д`ヽ)(/´Д`)/イヤァ~
ちゅうわけで本日はオオクチイシナギ Stereolepis doederleini です。ボクの中ではわりとメジャー級深海魚なんですけど、なんで忘れてたんだろ??

さて、この子は400~600mくらいに普段は住んでいるようですが、産卵期にはもっと浅い80~200mくらいまで上がってくるようです。とってもでかくなる子で、細大で2mくらいに成長します。結構大きい子も水族館で見ることができるお魚です。

なんだかめっちゃ美味しいと水族館ふりーくさんが申しておりまして、一度は食べてみたいんですが、なかなかタイミングがあいませんorz
それと、肝臓にビタミンAを大量に含んでおり、大型個体になると身にもかなり含むそうです。ビタミンAは中毒を引き起こすとかなり症状が重いので、お気を付けて(´´・Д・`)ノ

見た目はけっこういかつい感じのお魚ですが、深海っぽくない気もします。
てか文字がめっちゃ写り込んでるorz
[PR]

by masato_ya | 2012-02-22 18:44 | 真骨魚類

槍気質

c0106036_22191346.jpg


どんも~。なんだかタイトルはお堅い感じになっておりますが、別にいつもどおりのゆるい感じで進めたいと思います。写真はちょっとピンがあってませんけど、そこは華麗にスル~してください。

ちゅうわけで本日はヤリカタギ Chaetodon trifascialis です。はぁ~、なんだかこの子も紹介していたと思っていたんですが、ばっちり気のせいでした( ´∀`)うふふ

さぁ、気を取り直しましてこの子についてですが、浅いサンゴ礁域に棲んでいる子で、南日本でも見ることができますが、数が少ないそうです。観賞魚ではありますが、ポリプ食なので、なかなか飼育がむつかしいようです。ちなみにミカドチョウチョウウオのそっくりさんでもあります。

名前の由来を調べてみましたが、なんだかハッキリしないものが多くて、一番それっぽいのは背びれの刺を槍に見立てた槍担ぎ、転じてヤリカタギです。でもなぁ~~??って感じなので、知ってる人いたらプリ~ズです(´´・Д・`)ノ
[PR]

by masato_ya | 2012-02-20 22:20 | 真骨魚類

わっ!!

c0106036_18332747.jpg


どうも、ちゃんと更新しようと思いまして、悔い改める毎日でございますorz

さて、本日はミヤコテングハギ Naso lituratus です。何か結構前に出した気がしていたんですが、紹介した生き物リストを見たらどうやら気のせいだったらしいです(っ゚Д゚;)っ

さて、なんでか知りませんけど、僕はこの魚を見るたびに「あ、ファラオだ」って心の中で呟いてしまうんですが、僕の中のファラオは一体どんなイメージになっているのか。未だに自分でも解明できません(・∀・)ニヤニヤ

まぁファラオでもいいか!!

さて、この子はサンゴ礁や岩礁の浅いところに棲んでいて、主に藻類を食べているそうです。水族館などでもよく見かける子ですが、食用にもなっているそうです。なんだか言っちゃ悪いですが、食べても美味しくなさそうですねぇ。食べるところも少なそう(w
[PR]

by masato_ya | 2012-02-18 18:14 | 真骨魚類

相模原

c0106036_1053610.jpg


お刺身を頼んだら、いつもと違うアカザエビがいるぞ??

っちゅ~わけで、普通のアカザエビと比べてもなんの遜色もない美味しいエビさん、サガミアカザエビ ephrops sagamiensis を本日はご紹介します。

写真の子は見た目通り、残念ながらハサミが1本取れていました。う~ん、無念。いままでに3回しか会ったことがないので、なかなか理想のサガミアカザエビ(なにそれ?)に会えませんw
うち1回は居酒屋で出てきたお刺身だしorz

普通のアカザエビとの区別は簡単で、ハサミの部分に白いラインが入っている赤白の模様です。ただ、ミナミアカザエビという似た子もいますので注意が必要です。確かミナミアカザエビはハサミの爪の部分までシマシマが入っていたと思いますが、うろ覚えなので、いつかご紹介することがあればまたその時(w
[PR]

by masato_ya | 2012-02-17 10:54 | エビの仲間

いなずまん

c0106036_20231958.jpg


な、なんと・・・、今月全然更新していませんヾ(;´Д`●)ノぁゎゎ
何故なんだ!!3日連続で飲み会をしたりしているだけなのに・・・orz
原因が全くわかりませんが、とにかく本日は更新したいと思います(*´Д`)ノ

さぁ、顔文字を多用して誤魔化そうとしているところが浅はかですが、気にせずに行きましょう。本日はイナズマヤッコ Pomacanthus navarchus の幼魚です!!

この子はイナズマヤッコとお名前が付いておりますが、日本には居ないお魚です。この子はまぁ見た目通りとても美しいので観賞魚としてとっても人気!!一応雑食性なので頑張ればいろんなご飯を食べてくれるようになります。ただ、この子は基本的に個体数が少ないと言われていますて、わりと高価な部類のお魚です。1匹5000円以上はするんじゃないですかねぇ。上手に育てる自信がある人がチャレンジしてみてください。

ヤッコの仲間はきれいな子が多いですが、この子はなかなかのお気に入りです(●´∀`)
[PR]

by masato_ya | 2012-02-12 20:23 | 真骨魚類

ブダイも色々

c0106036_1984769.jpg


どんも、気が付けばすっかり更新を忘れておりました。イカンイカンであります。インカではありません。インコでもありません(w

さて、本日はイロブダイ Cetoscarus bicolor の幼魚です。親と子で全く違う色形の魚は数あるものの、ここまではっきり違うお魚も珍しい・・・、訳ではないですが(●´艸`)、まぁなかなかの変わりっぷりであるとは思います。

まぁ幼魚の頃は白地にオレンジのラインが入っていてかなり綺麗ですが、オスは成長に伴い緑色のデッカイ魚に育っていきます(w 結構大きくなる子で最大で80cm位になるとか。まぁ重要な食用魚らしいので、なかなか食いでがありそうです。も~、食べちゃいたいわぁ( ´∀`)

なんだこれ?キャラが固まってない。

さてさて、ワタクシ、眠くて色々障害が発生してきたので、これくらいにしときますわぁ~ZZzz…(。-ω-)。。ooO
[PR]

by masato_ya | 2012-02-07 19:09 | 真骨魚類

先従隗始

c0106036_11485581.jpg


ども、寒すぎると更新しなくなることが判明いたしました真人屋ですorz

さて、本日ご紹介するのはヒメセンジュエビ??でいいのかなぁという感じのセンジュエビの仲間です。学名はPolycheles typhlops であっていると思うのですが、昔の図鑑だとヒメセンジュエビの学名が違っているようでして、ちょっとオジサンわかんない┌(。Д。)┐ あはは♪

ちなみにインターネットでけんさくすると出てくる23年に出されている論文を見たかぎりでは、Polycheles typhlops はタテスジセンジュエビの学名となっているようです。でもセンジュエビの論文についている写真とか見たりすると違う気がするんだよなぁ~。詳しい人いたら、教えてください。ほんとようわからん。

まぁかなり珍しい深海性のエビさんなんですが、それこそ棲んでいる水深は図鑑やサイトによって様々で、一番深いところにいる子は2000mなんて書いてありましたが、何が本当やらそっちのほうも良くわかんない*´∀`)*´∀`)´∀`)*´∀`)*´∀`)

まぁ、面白い生き物が居るよっちゅ~話ですね。この子は深海性のエビさんに多い殻の柔らかいタイプの子ではなくて、しっかりと硬い殻を持っています。なかなかしっかりボディでございます。

c0106036_11492174.jpg


写真はよくございませんが、横からの写真。なかなかトゲトゲしたいかついフォルムです。

c0106036_1150532.jpg


ひっくり返すと卵を持っていました。

残念なのは、この子は最初から腕が一本無い状態でしたので、いつかちゃんと両腕揃っている子に出会えたらなぁ~と思っております。
[PR]

by masato_ya | 2012-02-03 11:53 | エビの仲間