<   2012年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

心身ともにボロボロですねん。

c0106036_1652275.jpg


ども、寒さで身も心もダメダメな真人屋です。その昔東北の親戚に仕事を世話してやるから青森まで来いと言われましたが、寒いからやだと断ったことがあります。青森に行ってたら本当に寒さで死んでたな(´Д`;)

さぁ、話は生き物にかわりまして、本日はボロカサゴ Rhinopias frondosa です。この子はここ最近水族館でも割と見かける子なんですが、実は結構お値段設定が高い魚ではあります(w

でもまぁ、見た目も面白いし、あんまり動かないので写真も撮りやすい、カラーバリエーションも豊富、さらに脱皮までしちゃう不思議な魚である、などなどハイスペックな小粋な奴なんですなぁ~。でも食べるって話は聞かないので、美味しくないのかもですね。

個人的にはカサゴの仲間は大好きなのでこの子も好きなんですが、飼育するのは面倒そうですねw
なんか餌も生き餌以外はあまり食べないようですしねぇ。まぁよそ様が飼育しているボロカサゴを見て満足することにします。

それよりもここ最近は深海生物のシーズンですから、そっちに力を入れなければ☆ウキ(p。・∀・q)(p・∀・。q)ウキ☆
[PR]

by masato_ya | 2012-01-29 16:53 | 真骨魚類

偽観覧萩

c0106036_19415654.jpg


ども、寒いですね(o´Д`)=з・・・他に言うこともありませんねぇw

ちゅうわけで本日はニセカンランハギ Acanthurus dussumieri です。この子はクロハギとの区別が難しいんですが、尾びれにある暗色斑などで区別することができます。まぁぱっと見で判断するのは難しいですね。てか幼魚の判別はかなり難しそうですね

岩礁域やサンゴ礁域に棲んでいるお魚で、主に付着藻類を食べている雑食性の子です。とくに珍しいわけでもなく、水族館でもよく見かけるお魚です、よく見ると綺麗なので、意外と好きな人がいます。

一応食用になるそうですが、あんまり美味しくないそうです(w
[PR]

by masato_ya | 2012-01-26 19:42 | 真骨魚類

サンゴ禁止

c0106036_1944448.jpg


ども~、最近趣味の切手集めに没頭中の真人屋です。サカナの切手を集めております。お持ちの方でいらない方は是非真人屋へ♪♪(●´Д`人´Д`●)♪♪

さて、完全に関係ない話は負いときまして、本日もサンゴ、キンシサンゴ Flabellum deludens です。今回の子はサンゴといっても暖かい海のサンゴではなくて、深海のサンゴです。この写真の子は水深200m前後で採られたものだそうです。サンゴ礁を形成しないサンゴで、大きさは500円玉よりちょっと大きいくらいです。

まぁ詳しくは例のあの方が詳しく書いてくださっているので、そちらをご参照ください(w
てかタイトルのネタが被っててビックリ(;゚Д゚)!

お写真の子は竹島水族館でご覧になれますよ~(´´・Д・`)ノ・゜・
[PR]

by masato_ya | 2012-01-24 19:44 | その他無脊椎

たまには頑張ってみる

c0106036_21305597.jpg


ども、真人屋です。ワタクシ、ず~っとお魚のことばかり勉強していたので、就職する前はエビとかカニとか、それ以外の生き物とか、まったく知りませんでした。しかし、一番最初の仕事でエビとカニの担当になりまして、一生懸命お勉強したでございます。

そして、今の職場では担当こそ違えど、サンゴを飼育しておりますので、ここは一つお勉強せねばなるまいと思い立ちまして、現在お勉強中であります。そう、真人屋は、サンゴ・・・さっぱりわからないorz


ちゅうわけで前置きがやたら長くなりましたが、なんとかメジャーな子は分かってきましたので、本日はコエダナガレハナサンゴ Euphyllia divisa です。分かってきたとか言って間違ってたらごめんさい(´ω`。)

さて、この子ですが実は僕が知っているサンゴの中では一番好きな子です。水流に揺られてフワリフワリしている姿がとても素敵です。まぁサンゴは飼育もしたことがなければ、名前も知らないレベルなので、わかることなんて限られていますし、マニアな人が色々くわしく書いてくれてるので僕が書くことはありません(゚∀゚*)

まぁ綺麗だから名前知らなくても写真は撮ってるっちゅーレベルです。まぁこれからもサンゴの名前がわかったらご紹介しますので、「ふ~ん」くらいに付き合ってください。
[PR]

by masato_ya | 2012-01-23 21:32 | その他無脊椎

テンテケテンテンテ~ンス

c0106036_1974150.jpg


ども、今日は忙しくもないのにバタバタしていた気がします。なんででしょうねぇ??

まぁ全くどうでもいい話なので、お魚紹介に移ります( ´∀`)
本日はテンス Xyrichtys dea です。こちらも油壺マリンパークからのご紹介です。実は僕、テンスって大好きなんですが、あまり見た記憶がありません。なぜでしょう。ぼんやりしてるからかな??

地味そうに見えてしっかりよく見るとかなり綺麗なお魚で、背びれをしっかり開くとビヨ~~ンっと伸びて素敵な感じになります。ここ重要です。

テンスさんは体が薄っぺらな感じなんですが、ベラさんの仲間としては美味しい方だそうです。食べた記憶がないので美味いか不味いかはなんとも言えませんが、きっと上手に処理して料理したら美味しいような気がします。

ちなみに、うちの嫁様はメガネを外してみるとアマダイに見えるから、きっと美味しい気がすると仰っておりました(●´艸`)フ゛ハッ
[PR]

by masato_ya | 2012-01-21 19:08 | 真骨魚類

久しぶりにじっくりと

c0106036_21563755.jpg


どんも~、実家に帰省していた真人屋です。いい機会だったので、今まで行ったことのない油壺マリンパークにお邪魔してまいりました。寒かった(ノд`@)アイター

今回はなんだかわりと普通すぎてここ最近スルーしていたお魚達をしっかりと見直すことができました。もう前の職場の時は散々お世話になったのに、最近冷たくしてごめんね的な?

ちゅうわけで本日は馴染みのある魚をご紹介、クロダイ Acanthopagrus schlegeli です。まぁもうこの魚は紹介する必要も内容な気がしますが、一応ご紹介しておきます。

釣りでもチヌの名前で親しまれ、全国各地に分布しています。海水魚ですが、むしろ汽水域のような淡水の影響を受けているところのほうが好きで、川で泳いでいることもあります。まぁどんな料理にもあうお魚ですので、お刺身、煮付け、塩焼きなどなど、なかなかの万能ぶりです。

餌も雑食性だし、ほんとに淡水だけでも生きているし、釣って楽しい、飼って丈夫、食べて美味しいまさに三冠王なお魚でした~ヽ(*´∀`)<スゴイネ♪>(´∀`*)ノ
[PR]

by masato_ya | 2012-01-19 21:57 | 真骨魚類

嫁の方が足が長いorz

c0106036_2255452.jpg


どうも、背は僕の方が高いのに、足は嫁の方が長い真人屋です(ノД`)・゜・。

さぁ、全然話が関係ないので進めますが、本日ご紹介するのはアシナガツノガニ Phalangipus hystrix です。なんだかルックス的には深海生物的な感じがしますが、ぎり深海生物じゃないっぽい深さで暮らしております。大体50~150mくらいの砂泥底なんかで暮らしているそうです。まぁもっと浅いところでも採れるようですけども。

さて、名前のとおり足が長いわけですが(羨ましい)、しっかりと成長したオスは写真のとおりハサミ足の方が歩脚よりも長いんですなぁ~。まぁ、なんでか知りませんけども~(・∀・)

何がお得な感じでこんな手足が長い体になったんだか、とても不思議なカニさんです。こんな体のカニさん、結構いろんな種類がいるのでもし日本語が話せるならみなさんにインタビューしたいですね。
[PR]

by masato_ya | 2012-01-16 22:06 | カニの仲間

おまめさん



c0106036_13552915.jpg
どんも、一生懸命紹介した生き物のリストを作っていたら、甲殻類が意外と少ない気がしたのでご紹介したいと思いマッスル。

本日ご紹介するのはマッスルとは程遠い御方、アシナガマメヘイゲガニ Tymolus uncifer です。まぁこの子も情報の少ないカニさんでしてねぇ、困っちゃいますよねぇ(w

日本には相模湾から九州に分布しているようですが、世界的にも広く分布しているらしく、インドとかアフリカ東岸とか図鑑には書いてあります。小さくせにグローバルな分布で生意気ですな(*´・ω・)

あ、小さいと書きましたが、甲羅の大きさは1cm位しかありません。言い換えるならば10mm!!言い換える意味は特にありません( ´・ω・)y━。 o ○(´

まぁ、小さいので網に入って持ってこられると大概ハサミとか無くなっているので、扱いの難しい子です。扱いが難しいって書くと気難しいみたいな感じもいたしますね。どうでもいいですが。
[PR]

by masato_ya | 2012-01-13 15:30 | カニの仲間

お腹が赤い!尻が青い?

c0106036_1143388.jpg


どんも、まだまだ尻の青い真人屋です。ここ最近更新が遅い理由のひとつに、紹介した生物のリストづくりをばっちりサボっていたので、何を紹介したのか自分で分かっておらず、てそれを調べるのがまた面倒くさいという、我ながらひどい悪循環にハマっておりますorz

目下リストを作成中のですので、数少ない真人屋をご覧の皆様、もう少々お待ちください!!かといって更新速度が速くなるかというと怪しいので期待しないでお待ちください┌(。Д。)┐ あはは♪

さぁ、前置きがものすごく長くなってしまいましたが、本日はアカハラヤッコ Centropyge ferrugata 、アカハラヤッコでござ~~い(なんか2度言った)!!

さて、アカハラヤッコは水深30m以浅のサンゴ礁に棲んでいる小型のヤッコで、名前のとおりお腹の部分が赤くなります。全体的には茶褐色の色合いで、とっても綺麗お魚なので観賞魚としても人気です。水族館にもわりといますが、大きなサンゴ水槽だと、体が小さいのであんまり目立たないかもしれませんねぇ(´・ω・`;)

この子は餌食いもいいので、飼育もわりと簡単です。家で飼ってみたいなぁ~って人はチャレンジしてもいいかもですね。
[PR]

by masato_ya | 2012-01-12 11:05 | 真骨魚類

宝石

c0106036_209621.jpg


どんも、寒いですね。寒くて疲労が蓄積されております。おかげで更新ができません。嘘です( ´∀`)

さて、本日は昔から大好きな熱帯魚、知ってる人も多いと思います、ノソブランキウス・ラコビー Nothobranchius rachovii です。昔から泳ぐ宝石として知られている素敵なメダカです。

この写真はフラッシュありなので、キラキラ光っております。

この子は南アフリカのモザンビークなどに分布しているお魚で、その昔はやたら高価だった気がしますが、現在では国内ブリードが出ているので、お値段は比較的安定しています。まぁ、個人でも繁殖は可能ですが、かなりめんどくさいので、初心者の方にはおすすめできません(*´Д`)=3ハァ

c0106036_2092494.jpg


2枚目はフラッシュなしのお写真。どちらもとっても綺麗です。

あ、タグに使う分類調べてないや。また今度加えときます。
[PR]

by masato_ya | 2012-01-09 20:10 | 真骨魚類