<   2011年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

やや寒いです。

c0106036_18492139.jpg


めっきり寒くなってまいりましたが、皆様いかがお過ごしですか?そろそろ秋のおサレファッソンの出番ですか??

本日はそんな秋のおサレにぴったりな色々とエレガントっぽいお魚・・・、ではなく、どちらか言えば地味なお魚、ツマリテングハギ Naso brevirostris でシルブプレ?

この子はなんとも判別のつきずらいお魚ですなぁ。大きさによって角状の突起の長さも変わりますし、体型も結構変わります。体の大きさとか、時期とかを知らないと他のよく似た仲間に間違えることもあきっとあると思います。この写真の角状突起の長さだと、サザナミトサカハギというこにそっくりですが、体の模様や尾びれに形が違うので、区別がつきました。

ちゃんと水族館で名前の確認をすればいいんでが、めんどくさいと確認しないのが僕の悪い所ですな~(ノд`@)アイター
今度からちゃんと確認するぞ!!たぶん。

んで、この子の面白い所は、若い時はホンダワラやアミジグサなんかの海藻を食べているんですが、成魚になると動物プランクトンを主に食べるんですよね。人間だと歳を取ったらあんまり脂っこい動物食のものは食べなくなるんですけどねぇ~( ´∀`)
[PR]

by masato_ya | 2011-09-25 07:30 | 真骨魚類

亜細亜 亜細亜 亜細亜

c0106036_18281919.jpg


どんも~、亜細亜って感じで書くと人の顔に見える今日この頃、芸術の秋でしょうか?

さて、本日はアジアコショウダイ Plectorhinchus picus です。コショウダイの仲間はは水族館でよく見かける魚で、幼魚と成魚の模様が著しく違うので結構人気があります。ただ、大きくなっちゃうと大体地味になってしまうので、同じ魚だと気付かない人が多いようですね。まぁ地味ですから┐(´ー)┌フッ

ちなみにコショウダイと変換したら「故障大」となかなか困った変換をされました。なんかここ最近変換が上手くいきませんねぇ。困りもんです。

この子は食べたことはないのですが、美味しい魚として有名のようです。ただ漁獲量が少ないんだとか。こういう魚は手に入ったら僕の仕事だと食べれませんからね。生かして何ぼなので、なかなか希少種はねぇ~。

棲んでいるのは小笠原や南日本。僕がすんでいる所だとなかなかお会いできないようなので、普段は水族館でござい冊しております。

ちなみに形は似ていませんが、イサキの仲間です。
[PR]

by masato_ya | 2011-09-24 07:30 | 真骨魚類

よしずみ

c0106036_1727781.jpg


どんも、公私ともにやる気が足りない真人屋です。どこかでエネルギーを使いすぎたのか、もともとないのか不明ですが、昨今はもっと頑張らねばならぬ!!と独り呟いております(*´Д`)=3ハァ・・・

さて、頑張り第1段としてちゃんと更新しますよ!!ちゅうわけで本日はイスズミ Kyphosus vaigiensis です。水族館にいないわけではないですが、イマイチ存在感がないというか、地味というかですっかり記憶の彼方に置いて行かれがちなちょっとかわいそうな子です。ミスディレクションが使えそう・・・。

この子は食用になるのですが、獲れる場所、獲れる時期によって臭みがだいぶ違うようで、すっごい臭くて食べれないという方もいるようですが、実際いいものを食べればかなり美味しい素敵なお魚です。鮮度が良ければお刺身にどうぞ。あと、結構でかくなります。

魚自体はどんな子かというと、磯遊びをしていて、小さい魚の子供を捕まえてみると意外とこのイスズミの子供がいますが、よく似たテンジクイサキという仲間もいますので、区別するにはしっかり観察を(゚Д゚)

ちなみにイスズミ科で変換したら「五十鈴美香」という謎の美女っぽい方になりました(´_ゝ`)
[PR]

by masato_ya | 2011-09-23 17:29 | 真骨魚類

過ち

c0106036_2020448.jpg


どんも、ようやく腰が治ってきたと思ったら背中が痛くて仕方ありません。バスケが出来なくなったらどうしようかと思っております(分かるかなぁ??)。

さて、ワタクシは一部の方には知られていますが、京都が大好きでございます。しょっちゅうというほど行けませんが、ほどほどに遊びに行っております。京都は素敵なところです(´ω`*)ネー

さて、そんな京都の食べ物なのですが、初めて聞いた時は「はぃ?なんで??」という気持ちでいっぱいになった食べ物がございます。そうニシンそば。

ちゅうわけで本日はニシン Clupea pallasii でござ~い!!

写真がちょっと残念なのは許してねorz

もうね、初めてニシンの甘露煮をそばに入れて食べるって聞いた時はね、アホか?って思いましたよ。だって甘露煮って甘くてなんかベタベタしてませんか?別に甘露煮が嫌いなわけじゃなくて、なんでそんなもんをそばにいれるのよ?って感じだったんですね~。だから初めて食べた時はなんか、勧められてなんか断れない感じで食べたんですよねぇ~。

そしたらね、「あら、やだ!美味しいじゃない(人´∀`)」みたいな~。なんか想像していた甘露煮と全然違うもので、めっちゃ美味しいんすよ!!もう最近は京都行ったら必ずニシンそばを食べているくらいでございます。

うん、ニシン最高+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚

あ、ニシンの話してねぇや。
[PR]

by masato_ya | 2011-09-18 20:20 | 真骨魚類

得意でないです

c0106036_19233046.jpg


どんも、また台風がのんびりやってきてますね。本当にこれ以上はやめて欲しいもんです。超大型扇風機で打ち消せないだろうか?

さて、本日はヘリシロウツボ Gymnothorax albimarginatus です。実は真人屋はウツボが嫌いなわけではないですが、見分けるのがとても苦手ですorz

なにせ後輩ちゃんに見分け方を教えてもらっちゃうくらいですからね(*´Д`)=з
さてさて、特徴はというとこの子は見分けやすいです(笑)。背びれとしりビレに白い縁取りがありますからね。な眼の通りです!!

和歌山県以南の暖かい所に棲んでいるそうで、水族館では初めて見ました。最近ウツボを気にしてみているから気づいただけ間も知れませんが・・・(;-ω-`A)

ちょっと腰痛でパソコンの前にいるのがつらいので、コメントレスはもうちょっと待ってくださいね!!
[PR]

by masato_ya | 2011-09-16 19:24 | 真骨魚類

バラ色バラバラ大砲



c0106036_12324359.jpg
どんも~、本日はバラフエダイ Lutjanus bohar ですよ。またまた魚っ知館からのご紹介です。別に魚っ知館の手先ではありません(w

バラフエダイは食用になる種類ですが、シガテラ毒を持つことがありますので御注意を!!沖縄では赤なーと呼ぶらしいです。

この子はフエダイの仲間でも大型になる種類で、1m近くになるそうです。フエダイの仲間は肉食性なので、水槽で飼ってると小さい魚を食べてしまうのでなかなか注意が必要ですが、大きな水槽でい飼うととても見栄えのする綺麗な子たちばかりです。

特にこのバラフエダイは、体が赤くてバラ色だからバラフエダイなんだそうで、とても綺麗な色合いです。当然生きている時は違う色になったりもします。魚っ知館のバラフエダイは赤色がとても綺麗で美人さんなので、ぜひ一度見に行ってみてくださいね~( ´∀`)
[PR]

by masato_ya | 2011-09-14 00:00 | 真骨魚類

予定通りですよ~!!

c0106036_12243218.jpg


はいはい、昨日宣言し本日ご紹介する子はこちら、シイラ Coryphaena hippurus です。以前稚魚のシイラを元祖真人屋でご紹介したことがあった気がしますが、成魚をご紹介するの初めてです。

まぁ、何はともあれこのこの姿!!頭が出っ張ってるこの姿は、マッコウクジラに似ていると嫁が申しておりましたが、確かにその通り。子供ではこのようにでこっぱちにはなっておらず、その代わり金色のピカピカボデーでやっぱり目立つ存在です。

この子は世界中の暖か海に分布しておりまして、特に表層、海の表面で暮らしております。食用として夏が旬とされていますが、なかなか海辺の町まで行かないと食べれないのは資質が少ないので保存が効きにくいからだそうです。まぁそれでもわりと出回るようになった方か??

大きくなると2mを超えるので、釣りの対象としても人気があります。僕も普段は釣りはしませんが、誘っていただければこういう大物を釣りに行ってみたいですね~~( ´∀`)

c0106036_12244634.jpg


御尊顔
[PR]

by masato_ya | 2011-09-12 12:25 | 真骨魚類

グジグジすんなよ!!

c0106036_2044197.jpg


はい、グジと言えば京都方面でのアカアマダイの呼び方です。ちゅうわけで本日はアカアマダイ Branchiostegus japonicus どす。

先日お伺いした魚っ知館では、アカマダイの養殖放流をしているそうで、水槽にはアカアマダイの幼魚が展示されておりました。大きなアカアマダイはよく見かけるのですが、このサイズは初めて見ました。なかなか可愛らしく、また生息環境に合わせて砂泥をひいて群れでの展示。かなり良いですね~~_゜ヽ(*´∀`)ノ゜.:。+

さてさて、グジと言えば高級魚ですが、干物がとても美味しいです。お刺身は昆布じめがよろしくて、かんちょさんにお料理していただいて初めて食べました。昆布じめはうんまいですね~!!まぁ珍しいものは、大体かんちょさんに食べさせてもらってるんですけどね。まじでいつもスミマセン(・∀・ )

さて、しばらくは魚っ知館ずくしで参りたいと思います。なぜなら、忙しくて他の水族館に行って無いからです!!
次はビッグなあいつを紹介しちゃうよ~~!!
[PR]

by masato_ya | 2011-09-11 20:46 | 真骨魚類

一週間ぶりでございます

c0106036_193197.jpg


どうも、気がつけば一週間も更新を止めておりました。別に遊んでいたわけでは・・・。あ、しっかり遊んでました(w
仕事でしんどくなっていたのは確かなんですが、実はですね、いつものこちらこちらの御二方に京都にあります、丹後魚っ知館へ連れて行ってもらっていたのでした。今回は本当に強烈なトラブルに見舞われまして、本当に水ふりのかんちょ様にはお世話になりました。もう心が折れたorz

そして魚っ知館はねぇ、変換したら魚っ痴漢てなってびっくりしたんですけども、とても遠い(*´Д`)=3ハァ・・・
遠い遠いとは聞いていましたが、本当に遠かった。京都の日本海は遠いぜよ←??

でもね、水槽もとてもきれいだし、300円の入館料で魚だけじゃなくてペンギンもアザラシも見れちゃう素晴らしい所!!お魚だって大きな水槽があるので、なかなかじっくり見れないロウニンアジとかシイラとか見れちゃうんですからお得ですよ。

そんな魚っ知館からは前述したロウニンアジ Caranx ignobilis をご紹介しちゃいます!!自称アジ好きの真人屋ですが、未だロウニンアジは食べたことなし(ノД`)
でも見ているだけで堪らないお魚なんですなぁ~、これが。なんかあんまり動かないから観察しやすいしw

ロウニンアジはアジの仲間でも最大種なので、釣り人に超人気!!あんまり釣りをしない人でも知ってたりするわりとメジャーリーグなアジさんです。あ、釣り人にはGTの方が通りがいいかな??その大きさは全長180㎝、体重80㎏に達すると言われています。まぁ、僕よりはデカイです。

そんな感じで色んなお魚がゆっくり見れる魚っ知館へぜひ皆様足を運んでみてくださいませ!!めっちゃ遠いけどね(●´艸`)フ゛ハッ
近くの人はなおさら行かなきゃソンソン!!
[PR]

by masato_ya | 2011-09-09 19:35 | 真骨魚類

台風ふぅ~~!!

c0106036_1841050.jpg


どんも、台風が来るかと思って準備してたらしっかり外れました。台風直撃コースの方は気を付けてくださいね!!

さてさて、本日はミヤコイシモチ Apogon ishigakiensis です。なんか都なんて名前がつくものですから、めっちゃ派手なのを想像していたんですが、実物はうぅ~~ん微妙ですなぁ)´_ゝ`)

テンジクダイの仲間はかなり好きなんで、この子も別に嫌いじゃないのですが、もうひとつ物足りない。この子がまだ小さいからかしらん??どうなのかしらん???

でもまぁ、日本では奄美大島以南に生息する暖かい海にいる子なので、きっと綺麗なサンゴ礁の海で群れになっていたらものすごい綺麗なんでしょうね。まぁこの手の子は砂泥底とかにもきっといるんでしょう(w

最近魚は毎日見ていますが、海で泳ぐことが少なくなっているので、ちょっと来年あたりは泳ぎに行きたいですね。つっても夏は忙しんですけども(゜Д゜)
[PR]

by masato_ya | 2011-09-02 18:41 | 真骨魚類