<   2011年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

御車代

c0106036_21154251.jpg


はいさい、タイトルがあれなん感じを出してますが、本日はクルマダイ Pristigenys niphonia です。なんかフラッシュ焚いたら眼が光っちゃって悪い感じになっちゃってますが、普段はこんな眼はしていません(w

この子は水深200m前後の砂泥底あたりにいまして、まぁ深海魚っぽい感じではありますが、幼魚はわりと浅い所でもお目にかかるようです。実は真人屋はこの子が大好きでして(好きな魚が多いのよ)、ここしばらくお会いできていなくて寂しい思いをしていたところであります。ま、この前お会いしたんですけども( ´∀`)

んで、食べても美味しいらしいのですが、なにせウロコが硬いので食べるときは頑張っていただきたいと思いますヾ(*'▽'*)ノ

さて、タイトルがあれな感じとか言っちゃいましたが、あれな感じで結婚式に行ってまいります。今度は今まででもっとも遠いのでしばらく留守にします。次の更新は早ければ4日、もしくは5日に更新しますので皆様よろぴくヽ(・∀・人・∀・)ノ
[PR]

by masato_ya | 2011-06-30 21:15 | 真骨魚類

暑すぎですねぇ

c0106036_2074319.jpg


いやぁ、マジで暑すぎですね。今日はこのくそ暑い中、海で小学生と学習活動にいそしんでいたので、死んでしまうかと思いました。いや、マジで(*´Д`)=3ハァ・・・

ちゅうわけで暑いと言えば南国沖縄!!沖縄といえばフエダイ(勝手なイメージです)なので、本日はヒメフエダイ Lutjanus gibbus です。沖縄ではミミジャーって呼ぶらしいぞ!ミミガーと紛らわしい!!

さて、この子は別に沖縄だけに棲んでいるわけではなく、本州南部というすごい大雑把な感じで分布しています、たぶん(うろ覚え。あ、このフレーズ久しぶり)。ただ、数的に沖縄に多いんだそうです。

まぁ僕は食べたことがありませんが。フエダイの仲間は大体美味いらしいので、この子も例に漏れず美味しいのでしょう。今後機会があればチャレンジしてみたいと思います(o´∀`o)
[PR]

by masato_ya | 2011-06-29 20:09 | 真骨魚類

ana

c0106036_21265629.jpg


暑くて死にそうですが、ようやく髪の毛を切ってさっぱりいたしました真人屋です。うちはあんまりエアコンは使わない主義ですw
そして全然関係ないですが、ウラシマクラゲが欲しい!!

さて、本日はアナハゼ Pseudoblennius percoides です。この時期になると網ですくったり、釣りの外道などでよく見かけると思います。あんまり食べる魚ではないですが、よく釣れるので中にはみそ汁などで食べる方もいるそうです。まぁ色合いがなんとなく悪いですが、別に不味そうではないですよね( ´∀`)

さて、この子はものすごく貪欲祭りな方でして、水槽に入れて飼育していると、小さい子ならすぐに口に入れようとしてしまう、ぶっちゃけかなりの困ったさんです。おうちで飼うなら単独がいいとおもいますが、そこまでして飼うほどの魅力もないような気がしますね。この子には悪いですけどもぉ~(●´艸`)フ゛ハッ
[PR]

by masato_ya | 2011-06-28 21:27 | 真骨魚類

さらさらさらさら

c0106036_1917688.jpg


ご無沙汰しておりますね、真人屋ですよ!!なにせこのブログは真人屋本店ですから、書いている人は、真人屋なわけです(たぶんね)。
べつに夏バテとか、体調不良ではなく、普通に遊んだり仕事で忙しかったのですよ。すみませんね。

さて、本日はサラサハタ Chromileptes altivelis です。なんだかここ最近ハタの仲間ばっかりな気がしますが、個人的に好きなので仕方ないチョイスでしょう*ヾ(´∀`o)

この子は見た目が他の子と明らかに違うので、間違うことはほぼないでしょうね。とても綺麗なハタさんですが、お年寄りになると色がぼけてきちゃうので、若い時が一番綺麗です。まぁどの魚にも言えることですけども(´Д`;)

んで、この子は大きくなると50cmくらいになるんですが、食用になるそうです。かなりお高いらしいので、食べたい方は頑張ってください。あ、売ってるのを見つけるのもなかなか大変だと思います(●´艸`)フ゛ハッ
[PR]

by masato_ya | 2011-06-27 19:17 | 真骨魚類

サクラDie

c0106036_20452143.jpg


サクラはとうに散ってしまいましたが、本日はサクラダイ Sacura margaritacea です(*´_●`)ノ

サクラダイといっても、春に漁獲されるマダイのことじゃないですよ。ちゃんと正式和名サクラダイのほうです。この子はかなり綺麗な子なので水族館ではよく見かけますが、この子を展示するにはかなりの苦労がいるのですよ。

漁師さんが獲ってきてくれる子もいますが、基本的には棲んでいるところがやや深い所なので、飼育員さんがゆっくりと釣りで採集する(ゆっくり釣り上げないと、死んじゃうだ~よ)など、場所によってやり方はまちまちですが、かなり大変なのですε-(;-ω-`A)

まぁ、わたくしはもうらう専門です(●´艸`)
[PR]

by masato_ya | 2011-06-22 20:46 | 真骨魚類

あらまぁ

c0106036_18521674.jpg


本日はアラ Nuphon spinosus です。タイトルがひどいので、普通に初めて見ました(●´艸`)

この子は水深100mよりも深い沿岸岩礁域に棲んでいまして、とっても美味しい高級魚です。漁獲量が少なく、幻の魚とも言われています。大きくなると80cmをこえまして、なかなか迫力があります。

ちなみにハタの仲間がアラと呼ばれる地域もあるようで、九州ではクエのことを指すようです。まぁ、どっちも高級魚なんですが、僕はお刺身で食べるならアラで(クエはお刺身で食べたことなんですけども)、お鍋ならクエな感じです。

この魚も幻といわれるだけあって、水族館ではなかなか見かけませんが、竹水にはいつもいますねぇ。そして、貴重などとはどこにも書いていないところがいつも通りです*´∀`)*´∀`)´∀`)*´∀`)*´∀`)
[PR]

by masato_ya | 2011-06-21 18:52 | 真骨魚類

アブだけに・・・あぶないの??

c0106036_22261993.jpg


うぅ、腰が痛い!!関係ないけど始めますよ。本日はアブオコゼ Erisphex pottii です。

この子も水族館で見かけたことがありませんねぇ。地味だからかな??大きさもハオコゼとあんまり変わらないきがします。結構小さいです。

別に深い所居るわけではないので、探せば意外といるようですが、採集している人も見たことないです。あっれ~~??なんでだろう??

もうなんか色んな意味で地味ですが、よく見ると顔は可愛いのです。体の模様は大阪のおばちゃんなイメージがあります(o´Д`)
[PR]

by masato_ya | 2011-06-19 22:26 | 真骨魚類

ようやくご紹介

c0106036_20237.jpg


お待たせしました~、ようやくご紹介できますよぉ~~。ちゅうことで本日はホウキハタ Epinephelus morrhua です。

ホウキハタさんは先日ご紹介したとおり、イヤゴハタによく似ておりますので、今回の写真と見比べてみてくださいね。ちょうど大きさはほぼ同じの個体を選んでおります。大きくなると1mを越すお魚で、お味の方もかなり美味しい高級魚です。

ハタの仲間はかなり好きで、結構飼ってるんですが、ハタというと大型魚を想像する方が多いと思います。なぜならクエとかマハタは食用として流通してますからね。大型のハタは意外と馴染があるかもしれないのです。

しかしですね、ハナゴイやマダラハナダイ、ハナゴンベなどの小さくて綺麗なお魚もハタ科なのです。ハタ科はおっきくてかっこいい子から、小さくてかわいい子までいる、結構大きなグループなのですよ。種類数にしておよそ450種類。なかなかのもんですなぁ~。

うん、ハタはいいね。
[PR]

by masato_ya | 2011-06-18 20:02 | 真骨魚類

あら??

c0106036_21101798.jpg


どうも、ホウキハタを紹介しようとしたら、何故かデータがない。なんでだろう(*´Д`)=3 仕方がないので、本日アカグツ Halieutaea stellata です。ホウキハタは明日ね!!

この子はお写真を見ていただければわかりますが、2頭身どころか1頭身のなかなかファンキーなお魚で、結構人気のある魚です。僕もとっくに紹介してたと思ってたんですが、してなかったみたいですw

写真では分かりづらいですが、トゲがたくさんありまして、これが結構痛いのですよε-(;-ω-`A)
扱いには注意ですよ!!扱わないと思いますけどもぉ~。ちなみにこれも深海魚で、アンコウの仲間です。

c0106036_2110398.jpg


正面から見てもらうとわかるんですが、なんでやねん!!っていうくらい、ものすごい薄っぺらいのです(●´艸`)フ゛ハッ
[PR]

by masato_ya | 2011-06-17 21:12 | 真骨魚類

あんまり見ないね

c0106036_18491775.jpg


梅雨ですからジメジメしてますが、いやな空気をふっ飛ばしてまいりましょう!!ちゅうわけで本日はイヤゴハタ Epinephelus poecilonotus です。

水族館ではハタの展示はわりと多いと思いますが、この子はその中でもあまり見かけないレアな種類だと思います。竹島水族館で地味~に展示されておりますが、他の水族館で見た記憶がないなぁ。とは言っても、この子自体は伊豆三津シーパラダイスからやってきた子なのだそうです。伊豆三津さん太っ腹ですなぁ~、最近リニューアルしましたなぁ~、行きたいですなぁ~~(´ ▽`)

おっと、欲望のままに書いてしまいました(w
さて、この子ですが、南日本に多く分布しているそうで、岩場に棲んでいるようです。ただ、ちょっと深い所にいるのだとか。大人になるとホウキハタとの区別が難しくなるそうですので、次はホウキハタをご紹介しようかなぁ。

あ、食べると美味しいようですが、お造りには1日2日置いた方が美味しいそうです。
[PR]

by masato_ya | 2011-06-14 18:50 | 真骨魚類