<   2011年 05月 ( 20 )   > この月の画像一覧

続・おまっとさん

c0106036_18574544.jpg


さて・・・、まだまだコシオリエビの仲間がいるんですが、次は違うのにしようと思います。だって飽きちゃったんだもんねぇ(*´_●`)ノ

ほんで、本日の子は前回の子よりもちょっと大きいですが、相変わらず特徴不足というか、情報不足というか、むしろ両方だゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!! みたいな感じです。しかし、こうやって改めて写真を整理していたんですが、本当にコシオリエビの仲間はたくさんいて、しょっちゅう手に入るのに、どうしてこんなに整理されていないんでしょうか??食べないから??

でも、色んな子がいるので見てる分にはまったく飽きの来ないお方でございます。さぁ、今から真剣に研究してみよう!!って方はいませんか!?ご協力しますよ!!

え?もちろん自分じゃやりませんが、何か問題でも??ウフフ(●´∀`)ノ
[PR]

by masato_ya | 2011-05-31 18:59 | ヤドカリの仲間

おまっとさん

c0106036_2237951.jpg


どんも、お待たせいたしました~。一部のマニア的な方から微妙にリクエストのある良く知らんコシオリエビをご紹介しますよ~(●´艸`)フ゛ハッ

まぁ、この子はめっちゃ小さかったので、まだまだ子供なのかもしれませんけれど、もし大きくなったら種類がわかりますかね??引き続き皆様からの情報提供をお待ちしておりますよ~(人´∀`*)お・ね・が・い☆ミ
[PR]

by masato_ya | 2011-05-29 22:38 | ヤドカリの仲間

知らんもんね

c0106036_202076.jpg


有言実行!!っちゅうことで、コシオリエビの仲間だろうねぇ~( ´∀`)、くらいの子をご紹介しますよ。その名もコシオリエビの1種!!でどうでしょう??_・。)チラッ。ダメ?どう?

まぁいいか(●´艸`)フ゛ハッ
この子はどこで獲れたか、漁師さんから聞いてないのでさっぱりなんですが、深海底曳網漁で獲れたので、水深は200~300mくらいだと思われます。こんな感じの綺麗な子は、ヤギとかそういうモサモサしたやつに隠れているのが多いので、この子もそうかもしれません。いつもはヤギとか丸ごとくれるんですが、この子はチョ~ン!って単品でした(w

ちなみにオオコシオリエビは有名なので、ご存知の方も多いとは思いますが、この子はエビと名前がついていますが、ヤドカリの仲間になります。コシオリエビはサイズも色々で、写真の子は1cmあるかどうかくらいの大きさです。

・・・あ、コシオリエビは種類がわからないのがたくさんいるんだけど、見たい??
[PR]

by masato_ya | 2011-05-25 20:20 | ヤドカリの仲間

和洋折衷

c0106036_20144918.jpg


どんも~、この記事を書いて早くお酒が飲みたい真人屋ですヽ(・∀・人・∀・)ノやぁ!!

今日の子はちょっと資料があまりないので間違いない!!って自信がないのですが、本日はドラゴンオサテエビ Tanmastocheles cheles です。

う~ん、昔名古屋港水族館の標本で見た記憶があるのですが、詳しいことはわかりません(覚えてません?)。てか和名も学名もこれであってるんだか??って感じです。まぁもし和名がこれであっているとしたら、最近和名に外国語が入ることが多い気がしますねぇ~、って感じでございます。まぁ誰か詳しい方がいれば教えてください。

さてさて、ちょっと前にオサテエビをご紹介したのですが、この子はハサミの形が違うので、その辺を良く観察してみてください。普通のオサテエビの方が長いほうのハサミの形が痛そうな感じです。まぁ真人屋よりも超ビッグネームの某市場魚介類図鑑の方が比べやすいので、そっちを見た方がいいかも(●´艸`)

はてさて、実は名前がもう完全に分からんやつは真人屋にはほとんど登場していません。なんかすっきりしないからって理由なんですが、なかには面白いのもいるのでこれからは前面に押し出していこうかと思いますので、もし知っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします(人´∀`*)お・ね・が・い☆ミ
[PR]

by masato_ya | 2011-05-24 20:16 | エビの仲間

はっつぁん

c0106036_20155817.jpg


どんも、肩こり絶賛実施中の真人屋です。全然関係ないですが(●´艸`)、本日はアカハチハゼ Valenciennea strigata です。

うちの職場では通称モグモグハゼの1種で、砂ごと砂中の餌を食べるのでいつも砂をもぐもぐして、鰓から砂を捨てています( ´∀`)
ご飯と一緒に水槽の砂の汚れもとれて、一石二鳥の便利なお魚なうえに、ご本人がなかなかにして美しいので観賞魚としても人気が高いのです。でも痩せやすいから注意してね!

大きくなるとペアになるのですが、ペア以外だと同種間で争うようです。うちで飼っている子もペアの子と、ソロデビューしている子で棲み分けがなされております。・・・あと2匹はどこにいっちゃったんだろう(´Д`。)?
[PR]

by masato_ya | 2011-05-21 20:16 | 真骨魚類

奇跡の美脚

c0106036_20532855.jpg


今日はお休みだったので、久しぶりに本を読んで充実しておりました。でも3冊読んだら眼がシパシパして、パソコンを打つのも変な感じがしますw

さて、そんな感じですがカニさんが続きまして、本日はトゲミズヒキガニ Latreillopsis bispinosa です。なんか写真はあるのに紹介してない生物があまりに多いことに気づきました(笑)

棲んでいるところは水深30~300mくらいのようで、この子もかなり幅を持った移動をするようです。前にサナダミズヒキガニを紹介しましたが、この子も名前の通りそのお仲間で、網で獲られたのに脚があることが奇跡のようなほど細いお見脚でございます。

しかも3匹同時にやってきまして、すぐ死んでしまう科と思ったんですが、元気にご飯を食べております。なかなか可愛らしい子です。しかし、ちゃんとご紹介しようにもなかなか情報のない子が最近多く、誰かガッツリ図鑑でも作ってくれないかしらん??ってここ最近は思っておりますヽ(・∀・)ノ タノムヨー!
[PR]

by masato_ya | 2011-05-20 20:56 | カニの仲間

東洋HOMORA

c0106036_22165922.jpg


本日はトウヨウホモラ Homora orientalis です。今日はシンプルにはじめて見ました。う
ちでは比較的よく見かけるカニサンなんですが、一般的にはどうなんですかね、珍しいですか?

水深40~400mとかなり幅広く暮らしておりまして、ダイバーの方なども見たことある方が多いようです。けっこう小さいので食用にはならないと思いますが、味噌汁の出汁くらいにはなるんじゃなかろうかとは思います。美味しいかどうかは知りませんが(・∀・)ニヤニヤ

この子はなんでか知りませんが、腹部にフクロムシが帰省していることが多いです。マルミヘイケガニもかなりの確率でついているんですが、フクロムシも寄生しやすいカニとかいるんでしょうかね?あ、あの子はガードが堅いからやめとこうとか(w
[PR]

by masato_ya | 2011-05-19 22:19 | カニの仲間

パエリア

c0106036_19433262.jpg


今日は学校へ授業へ行きまして、みんなで海へ生き物観察会をしてきたら日焼けで体が熱いです(w

今日はこれまた珍しいカニさんを紹介したいと思います。本日はイボエバリア Ebalia yokoyai です。この子はとっても小さいですよ、3cmくらいです。

まぁ情報もほとんどないカニさんですが、この子が獲れた水深は250~300mくらいです。なかなか見かけることもなくて、僕も見るのは2回ですが、今回は2匹獲れました。残念ながらしっかり写真が獲れたのはツメが欠けてる方だったんですが、なかなかインターネットの人に聞いても引っかからないので、まずまず貴重ではないかと(・∀・)ニヤニヤ

ちなみにエバリアは学名から来てますので、エバリアに日本語的な意味はないと思われます
(ノ´д`)ノ
[PR]

by masato_ya | 2011-05-18 19:44 | カニの仲間

はんにゃ

c0106036_21225322.jpg


本日はワニグチツノザメ Trigonognathus kabeyai です。職場のヒゲの先輩からの写真提供でございます。この子が獲れた時は僕が休みだったので、わざわざ写真を撮っておいてくれました。感謝でございます。

さてさて、この子は和歌山県で得られた標本をもとに、1990年に新属新種として記載されたそうですので、わりと最近知られるようになった種類のようです。分布に関しても、日本以外ではハワイから1例報告があるのみのようで、個体数はだいぶ少ないようですね。というわけでめっちゃ珍しいサメさんなのですよオォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

んで、残念なことにうちの職場の方は標本という概念があまりないらしく、僕が出勤した時には標本にも出来ない様な悪い状態でしたので、残念ながら標本することは出来ませんでしたorz
なので、次はかならず標本にするぜ!!・・・レアだから滅多に入ってこないと思うけどね(´ω`。)グスン
c0106036_2123832.jpg


特徴はなんといってもこの飛び出すお口!!ものすんげぇ顔になるんですわ。これ、夜中に目が覚めて、いきなり顔の前にいたらちびりますよ?でもこの子は大きくないので、ビックリするのは最初だけですね(w
[PR]

by masato_ya | 2011-05-16 21:26 | 軟骨魚類

お、真面目に更新してるぞ!!

c0106036_1953649.jpg


お肌が弱いので、普通にひげそりを使うと血まみれになってしまう真人屋です。もっぱら電気シェーバーです。ブラ〇ンを愛用しております。

さて、今日は珍しく前フリと関連がありまして、本日はヒゲソリダイ Hopalogenys nitens です。名前がヒゲソリダイですが、もちろん剃ってはいないヒゲダイさんもいらっしゃいます。ちなみにヒゲソリダイもヒゲはちゃんとあるんですが、短いんです。剃り残し?

この子は南日本の暖かい海に暮らしておりまして、あんまり漁獲量は多くないみたいですね。でも味はかなり良いらしく、一度食べてみたいなぁ~、なんて思っております。この子はイサキ科の魚なんですが、イサキ自体がすごく美味しい魚ですからね。かなり期待が持てます(●´艸`)フ゛ハッ

でも職業柄、手に入ると食べるよりも飼う方が優先されるので、なかなか食べれなそうですorz
[PR]

by masato_ya | 2011-05-15 19:54 | 真骨魚類