<   2011年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

カマド

c0106036_19362858.jpg


先日pomuさんのところで紹介されていたこと同一人物(魚物?)のカナド Lepidotrigla guentheri です。小さい頃は頭がでかくて、頭だけの生き物みたいです。

だいたい水深100m前後に棲んでいるようです。この子の仲間はよく似ている子が多いので、パッと見てすぐわかる子もいれば、何やら悩まなければいけない子など様々です。

あんまり食用にはなりませんが、食べれば美味しいお魚です。そういえば学生時代に食べたような気がします。気がするレベルなので、味は覚えておりません(w

あの頃は変な深海魚ばっかり食べていたなぁ。

c0106036_19364439.jpg


顔がめちゃ可愛い(*´Д`)
[PR]

by masato_ya | 2011-01-31 19:39 | 真骨魚類

いた!!

c0106036_1937633.jpg


1ヵ月間行方が分からなくなっていた容疑者が発見、逮捕されました。リュウグウハゼ Pterogobius zacalles 容疑者には無銭飲食の容疑がかけられています。

発見場所は水槽前面の石の真下で、発見した方は「こんな近くにいるとは思わなかった。まさに灯台もと暗しだったε-(;-ω-`A)。 」と発見当時を語っていました。

なお、リュウグウハゼ容疑者が経営していたスナック竜宮の運営についても詐欺容疑で再逮捕される見通しです。

c0106036_1936339.jpg


発見時のリュウグウハゼ容疑者。

なお、リュウグウハゼ容疑者は容疑を否認しています。

以上、真人屋お魚ニュースでした。
[PR]

by masato_ya | 2011-01-29 19:43 | 真骨魚類

どくたーすらんぷ

c0106036_20124095.jpg


どんも~~、本当に寒いですね。ここ最近生きた餌しか食べてくれないお魚のために、毎朝くそ寒い中イサザアミなる生物を採っているので、お肌ガサガサです(*´Д`)=3ハァ・・・ 。

さて、そんな子たちとは違ってすぐに普通の生餌を食べてくれた優秀な子、アラレキンチャクフグCanthigaster solandri です。

この子は日本では琉球列島に分布しているんですが、実はつい最近までお写真でしか知られておらず、2005年に初めてちゃんと報告された子なんだそうです。ただ、インドパシフィックトビーの名前で観賞魚として出回っているので、知っている人は多いと思います。しかしですね、パプアントビーという子がいるのですが、この子も含めてごっちゃでインドパシフィックトビーと呼んでいるので区別されていない時の方が多いです。

写真の子はどうかというと、一応真人屋的同定ではアラレキンチャクフグです。たぶん(´Д`;)
[PR]

by masato_ya | 2011-01-28 20:14 | 真骨魚類

名前がながいわ

c0106036_224642.jpg


今日はもう名前が長いです。ヒゲナガチュウコシオリエビ Munida incerta です。もう名前は長いし、コシオリエビの仲間は区別がめんどくさいし、厄介ですわぁ(*´Д`)=3ハァ・・・

この子はチュウコシオリエビって名前がついてますけど、オオコシオリエビとあんまり大差ないと思うんですけどね。まぁ育ち方も色々ですか。まぁチュウコシオリエビってついたり、オオコシオリエビってついたりしますけど、ショウコシオリエビって聞いたことないですけどいるんですかね??

この子は水深200~450mくらいに棲んでいる深海生物なんですが、日本以外だとフィリピン、アフリカ東沿岸部に分布しているんだそうな。なんで突然アフリカなんて遠いところなんですかね?他の地域でも実はたくさんいるのか気になりますヽ(・∀・人・∀・)ノ
[PR]

by masato_ya | 2011-01-27 22:05 | ヤドカリの仲間

某水産的有名人

c0106036_19342851.jpg
もう、検索かけると魚じゃないのが出てきてしまう、そう!!本日は水産的有名人でお馴染のボウズコンニャク Cubiceps squamiceps です゜・*:.。. ☆p(*´Д`)q

この子はもう来た時にはお星様になっていまして、状態も悪い上に何を考えたか黒い板の上で写真を撮ってしまったので、写真写りが最悪ですorz
ごめんよ、ボウズコンニャク(ノД`)・゜・。

・・・、魚の名前を書いているだけなのですが、人のことを呼びつけにしている感じがして、落ち着きません。

さて、この子ですが、水深200m~400mくらいの底層に棲んでいるお魚で、めったに食用として出回りませんが、食べれないことはなく、塩焼きや煮つけなどになります。

まぁ、こんな感じのお魚っちゅうことで(w
[PR]

by masato_ya | 2011-01-26 19:34 | 真骨魚類

連展奴

c0106036_1939828.jpg


どんも~、本日はレンテンヤッコ Centropyge interrupta です。

この子は分布域が南日本とハワイ、ミッドウェーに限られているので非常にお値段がかわいくないお魚です。とっても綺麗なんですけどねぇ、残念です(*・ω・)

他のヤッコと同じく警戒心が強いお魚ですが、さほど強くないというお話もちらほら。観賞魚としても非常に人気が高いのですが、そのせいで数が減ってきてしまっているんだとか。

自然とのバランスを考えて、アクアライフを楽しみたいですね。

今日はペンキの塗りすぎで頭が痛いのでこれまで(。・ω・)σ!!
[PR]

by masato_ya | 2011-01-25 19:40 | 真骨魚類

さらさらさらさら~~~~

c0106036_21174833.jpg


どんも~、今日もちゃんと更新しててエライぞ真人屋ですヾ(´c_,`*)

早速ですが?本日はサラサゴンベ Cirrhitichthys falco です。
ゴンベという名前はどことなく田舎くささを感じますが、侮るなかれ、昔紹介した(したよね??)クダゴンベなども含め綺麗な種類の仲間が多いのです!!

ただ、実際に飼育してみるとかなり気性が荒い子が多いので、注意が必要なのです。この子もオス同士で複数飼育すると激しくケンカします。まぁ大きい水槽で隠れる場所や相手が見えない工夫などすれば必ずしもではないのですが、なかなか大変です。

この子は普段はサンゴ礁域の外縁など、潮通しのいい所に好んで棲んでいます。ヤギやウミトサカの中にいることもあるようです。

c0106036_2118376.jpg


綺麗ですが、顔は変だと思います(・∀・)ニヤニヤ
[PR]

by masato_ya | 2011-01-23 21:20 | 真骨魚類

よくわからんのよねぇ

c0106036_19502485.jpg


どんも~、今日は仕事が休みなのに、食器棚を作っていたら、やたら疲労した真人屋です(o´Д`)=з 疲れた・・・ 。本日はそんな真人屋を普段から悩ませている魚、ショウサイフグ takifugu snyderi です。

んで、なんで悩んじゃうのかというと、コモンフグとの区別が非常に難しい!!写真の子ははっきりとショウサイフグとわかるのを選んでいるのですが、コモンフグとショウサイフグの中間みたいな子もいてさっぱりです。これはコモンフグかショウサイフグでインタラネットの人に聞くとわかると思うんですが、写真をみる限りかなり混同されていると思います。

これね~、たぶん水族館の人や、市場の人でもかなり判断が難しいと思うんですよね。調べるならかなり本気で調べないと僕には判断がつきません。きっと修行が足りないせいでしょう。でもショウサイフグってあんまり見る機会がないから、これから先も悩むんだろうなぁ(*´-ω-`)・・・フゥ
[PR]

by masato_ya | 2011-01-22 19:51 | 真骨魚類

ドライブシュート!!

c0106036_19411236.jpg


みさきくんがいれば完璧です。

本日はツバサコブシガニ Merocryptus lambriformis のオスです。 ヒメツバサコブシはインターネットに引っかかるんですが、ツバサコブシは引っかからないですねぇ(。・∀・)

この子は水深200mくらいに棲んでいるカニさんなんですが、日本では相模湾から九州、五島列島と広い範囲に分布しています。

この子、実はかなり小さくて、どれくらい小さいかというと

c0106036_19405351.jpg


これくらい!!

写真撮るのが大変でしたヽ(。ゝω・)ノ☆;:*
[PR]

by masato_ya | 2011-01-21 19:46 | カニの仲間

ぼんやり落ちて行く

c0106036_2033594.jpg


そう、今の真人屋は眠くてそんな感じです。まぁとにかく毎日バタバタしているせいで、家に帰るとグッタリでございます。趣味の飲酒も飲まない日があるくらいであります(;´・д・)

さて、そんな感じのおさしんを。本日はアカクラゲ Chrysaora melanaster でありんす。なにやら色んな別名のあるこのお方。ハクションクラゲやら連隊旗クラゲやら軍隊旗クラゲなどなど、なかなかバリエーションがありますな。名前の由来は簡単にわかるので自分で調べてくださいな。

このクラゲさんは結構刺胞毒が強いのですが、この症状は個人差がかなりありまして、僕はまぁチクチクする程度です。中にはまったく平気な人もいたり、真っ赤に腫れちゃう人もいます。ですので試してみたい奇特な人以外は触らない方が無難です。

水族館でもその綺麗なお姿からここ最近よく見かけるクラゲさんですので、水族館に行ったら探してみてください  ヨロティク(=゚ω゚)ノ
[PR]

by masato_ya | 2011-01-20 20:05 | クラゲの仲間