<   2010年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

お気に入り

c0106036_20292137.jpg


どうも~、大分さぼっておりました(汗)。ちょっとだらけておりましたが、いつものところにて元気を分けていただいたので、気を取り直していきたいと思います。

ちゅうわけで本日はアデヤッコ Pomacanthus xanthometopon です。どうです、綺麗でございましょ?

この子は幼魚と成魚では全く違う色彩と模様ですが、どちらも非常に綺麗なお魚です。普段はサンゴ礁や岩礁域で暮らしておりますが、基本的に日本では珍しい子です。基本単独行ですが、体も大きく成長するので縄張り意識も結構強いようです。

ブルーフェイス・エンゼルの名前でアクアリストに親しまれており、すぐいろんな餌を食べてくれるうえ、丈夫なので人気も高いのですが、ちょっとお高い模様です(w

ここ最近の僕の一押しですが、うちの水槽ではすぐ隠れてしまうんですよねぇ。縄張り意識が強いとされてるわりには、アカネハナゴイに押されています(笑)
[PR]

by masato_ya | 2010-09-29 20:31 | 真骨魚類

あ・・・・

c0106036_1855744.jpg


本日はスミレナガハナダイ Pseudanthias pleurotaenia の♂です。

いやぁ、その昔♀を紹介していたにもかかわらず、すっかり♂を出すのを忘れておりました(汗)。かわいそうなので、本日のご紹介ですw

この子たちは見てすぐわかるように、なんだかピンクの四角い模様がばっちり目立っているので、他の魚と見間違えることはないと思います。間違えるとしたらオスではなくメスの方ですね。メスはキンギョハナダイのメスとよく似ているので、僕もじっくり見ないと間違えると思います(w

また、ハタと言えばマハタやクエなど大きくなる魚のイメージが強いですが、この子たちもハタ科の仲間で大きくなっても10㎝くらいだと思います。地味で美味しいハタの仲間ではなく、小さくて綺麗なハタの仲間でした~。
[PR]

by masato_ya | 2010-09-24 18:06 | 真骨魚類

瑠璃の奴

c0106036_21261519.jpg


本日はルリヤッコ Centropyge bispinosa です。

名前の通り瑠璃色が綺麗な子なんですが、なんでか黄色というか赤の方が強くなっちゃってますね(w
実は色彩の変異が意外と多いらしく、カラーバリエーションが豊富なんだとか。

この子はキンチャクダイの仲間の中でも大きくならない子で、大人になっても10㎝くらいにしかなりません。まぁその分きれいな体色で目を引くお魚なので、小さくても人気のお魚です。
アクアリストの方にもかなりの人気なので、自宅で飼っている方もおおいんじゃないかと思います。

うちも水槽があったら飼いたいなぁ~。引っ越して以来、水槽がないのよねぇ~。
[PR]

by masato_ya | 2010-09-22 21:28 | 真骨魚類

山と意思エビ 写真追加 

c0106036_2319030.jpg


本日はヤマトイシエビ Sicyonica japonica です。

食用にされていないエビさんなので、知ってる人も少ないし、小さいのであんまり水族館でも展示されません。なかなか日の目を見ないエビさんですが、お写真の通りポーズはばっちり決めてくれるので、意外と展示向きなエビかもしれません(w

それに意外と特徴もあって、上から見ると(背中からね)黒い斑点が2つ並んでいたり、トゲトゲがあったり、個人的にはかなり好きなんですが、いかんせん、数が入ってこないのです。

いつかたくさん入ってきたら、飼育してみようと思います。

あ、イシエビという名前は殻が石のように固いことから来ているそうです。

c0106036_21293237.jpg


上からですねん。
[PR]

by masato_ya | 2010-09-20 23:19 | エビの仲間

ちょっとまってね

c0106036_2363692.jpg


兄ちゃん、ラーメン食べたいよ。

がまんや、がまんや次郎!!


え~、ちょおっと体調がすぐれないので、トビハゼ兄弟でお楽しみください。

次の更新の時には元気はず?です。
[PR]

by masato_ya | 2010-09-18 23:06 | 真骨魚類

00se

c0106036_20583587.jpg


本日はオオセ Orectolobus japonicus です。たぶんまだ出したことないと思うんですけど、ここ最近登場生物の整理を怠っているのでなんとも・・・(汗)

まぁいいや。

オオセさんは成長すると1mくらいに成長するサメの仲間です。あんまり見た目はサメっぽくないですが、これでもサメさんです。平べったいし、ヒゲ生えてるしで面白い形ですね。水族館でも結構人気があるんですが、この体型なので見つけられない人もいるようですw

夜行性で普段は底性の魚類やエビなんかを食べて暮らしております。穏やかな内湾の岩礁域やサンゴ礁域にいるそうです。

c0106036_20584932.jpg


お顔のアップずら。
[PR]

by masato_ya | 2010-09-16 21:00 | 軟骨魚類

テント戦

c0106036_21385489.jpg


本日はシチセンチョウチョウウオ todon punctatofasciatus です。

僕はチョウチョウウオはあまり詳しくないのですが、この子は日本ではわりと珍しい部類に入るチョウチョウウオだそうです。まぁ存在自体が珍しいんでしょうが、僕的には眼を通るライン(アイラインと勝手に名付けてます)が黒じゃないというあたりが珍しいかなと。普通というか、まぁ大概のチョウチョウウオはアイラインは黒だと思うんですがどうですかね?なにせ詳しくないもんで。

んで、この子のアイラインがまぁ綺麗な黄色してるんですよね。なかなか美しいです。体には名前の通り、7本の横縞が入っていますが、全体に散らばる黒のドットもなかなか良いです。なにせ学名の種小名は「点と線」ですからね。

サンゴのポリプを中心に食べているそうですが、乾燥餌料などにも餌付くらしいです。が!中にはまったく餌を食わない奴もいるそうで、飼育が簡単というわけではないようです。
[PR]

by masato_ya | 2010-09-14 21:41 | 真骨魚類

岸上

c0106036_22193923.jpg


本日はキシノウエモエビ Birulia kishinouyei です(だと思いますw)。

まぁこれも知ってる人はあんまりいないんじゃないかと思います。なにせあんまり大きくないうえに、棲んでいるところは水深100m~180mの泥底もしくは砂泥底。

あったり前すが、普通の人は潜れませんから、そのお姿は底曳網や、ちょっと深めのカニかご漁などで獲れるのを拝見するくらいです。

ただ特徴のある外見ですから、一度見れば名前は忘れても姿は忘れないと思いますw
食用にはなっていないそうなので、魚屋さんで見かけることもまずないでしょう。

c0106036_22183290.jpg


こんな顔。
[PR]

by masato_ya | 2010-09-12 22:20 | エビの仲間

ki・shi・e・bi!!

c0106036_20155527.jpg


本日はキシエビ Metapenaeopsis dalei です。

このエビさんは食用になるんですが、知ってる人は結構少ないと思います。皆さんがスーパーなどでよく目にするのはクルマエビやブラックタイガーじゃないでしょうか。普通に魚屋さんがある海に近い町でないと、色々な種類のエビをみるのは難しいかな?

このエビもクルマエビの仲間で、味もよく色々な加工食品にされていますが、カルビーのかっぱえびせんにもこのエビが使われることがあるそうです。カルビーのお客様相談室のよくある質問に書いてありました。すごいぞキシエビ!!

c0106036_20161199.jpg


食べるだけでなく、見ても美しいエビさんです。
[PR]

by masato_ya | 2010-09-10 20:18 | エビの仲間

トゲトゲトゲトゲ

c0106036_2072560.jpg


本日はヨツトゲシャコ Squilloides leptosquilla です。この子はあんまり知られていないだろうなぁって感じのシャコです。

この子はあんまり大きくならないうえ、身もほとんど入っていないんだとか。今の職場ではちょくちょくシャコの仲間にお会いするんですが、結構いろんな種類が混じってるので、もしかしたらあんまり区別されてないってこともあるんじゃなかろうかと思っています。

棲んでいるところは水深100m~350mほどらしいので、底曳き網で漁獲されているようです。なかなか獲りずらいのも知名度が低い理由の一つかもしれませんね。

いつかシャコだけの変わった水槽を立ててみたいなぁ。
[PR]

by masato_ya | 2010-09-08 20:08 | その他甲殻類