<   2010年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

通常更新

c0106036_21582510.jpg


本日はココス・ピグミーエンゼル Centropyge joculator です。

僕は外国の魚に疎いので全然知らなかったんですが、3ヶ月くらいたってからようやくお高い魚だと知りました(汗)

ここ最近では国内でもお目にかかる機会が増えているようですが、高価であることには以前変わらずなので、興味がある人は検索してみるといいかもしれません。

以前はココス諸島、キーリング諸島という所でしか見つかっていなかったそうですが、クリスマス島でも見つかったため、少しお安くなったようです。

この子は綺麗な体色と、目の周りの綺麗なブルー(むらさき?)が特徴の、小型のヤッコです。わりと丈夫で餌食いもよく飼育しやすいようです。

いやぁ、普通に職場にいたから気づかなかった(笑)
[PR]

by masato_ya | 2010-06-30 21:59 | 真骨魚類

パリの水族館

c0106036_20562927.jpg


え~、一応ツアーで回ったとこは記事にしたので、新婚旅行のネタは今回で最後です。

フリーでは凱旋門やコンコルド広場、シャンゼリゼ通りなどなど、有名どころをばっちり見てきました(道に迷ってたどり着いたところ多数あり)。

最後の記事はパリのシャイヨー宮(だったと思う)の近く、もっと分かりやすい目印だとエッフェル塔の近くにある水族館です。

ちゃんと仕事のことも忘れません!!

なんかガイドさんの話によれば、一回つぶれてまた復活したんだそうな。

中に入ればちゃんとした水族館で、白い壁をスクリーンにして映像を多用していた近代的なものでした。


しか~し!!やっぱり普通じゃなかったですw

中には2つの映画館や、どっかのショーパブかと思わせる照明と椅子の配置(ボックス席あり)、そして映画館の椅子を利用して水槽をゆっくり見る工夫!!

日本人にはこんな発想出てこないんじゃないの??少なくとも僕には出せないなぁ。

ちゃんと学習施設、癒し空間、娯楽空間を併せ持ってました。なんかイジイジどうしようかあ~だこ~だ悩んでなくて、スパッと突き抜けた感がある水族館でした。

なので好き嫌いははっきりしそう(笑)

c0106036_20564552.jpg


恐竜と錦鯉のコラボは考え付かん(w
[PR]

by masato_ya | 2010-06-28 20:58 | そのほか色々

べるばら

c0106036_22165377.jpg


モン・サン・ミッシェルの後は、ベルサイユ宮殿へいきました(1つ別のお城の紹介をすっとばしてます)。

ベルサイユ宮殿の一番いい写真は嫁さんがばっちり写ってるので、この写真で許してください。金箔部分を貼り直したばかりだそうで、すごく輝いてました。

なんだかベルサイユ宮殿は部屋の数が全部で1600あるらしく(たしか)、中に入ってみるとほんとうにすごい数で、1日じゃとても見て回れんと思いました。

c0106036_2217823.jpg


有名な鏡の間。なにせ人が多くて、加工した写真じゃないとよそ様の顔がばっちり分かるものしかありませんでした(汗)

ベルサイユ宮殿はフランス革命のため、王族が住んでいた歴史は100年くらいしかない、わりと最近のものらしいです。
[PR]

by masato_ya | 2010-06-26 22:20 | そのほか色々

おふらんす帰り閑話休題

c0106036_23111124.jpg


すみませ~ん、今日は閑話休題です。

なんかルーブル美術館の絵画の中に、ビートたけしさんにそっくりな絵がありました。

さすが世界の北野たけしです。

世界に3人いる自分のそっくりさんは絵画はカウントしてもいいんでしょうか(笑)?

ちょっとバタバタしてますので、コメントレスはもうちっと待ってください。
[PR]

by masato_ya | 2010-06-24 23:12 | そのほか色々

おふらんす帰り3

c0106036_2117153.jpg


モン・サン・ミッシェルのあとは古いままの姿を残すオンフルールという港町へ散策に出かけました。

写真のように本当にアニメや映画のような綺麗な街並みの素敵なところでした。なんだか見てるだけで楽しくなるような街並みで、お店のおっさんとかも無駄に陽気でした(笑)

この港町、何にも知らなかったので(名前だけ聞いて勝手にお城に行くんだと思ってました)帰ってから調べると本当に歴史のある古い町で、1027年に初めて書物に名前が載って以来、非常に重要な拠点(貿易港や軍事拠点)として活躍していたようです。

一時期では5大奴隷貿易港になった時期さえありました。

フランス革命後、一時廃墟となりますが、その後1部は復興。しかしはル・アヴールという港町の発展により、港は古い姿のまま時代に残されていったようです。

c0106036_21172964.jpg


おかげ様で?現在では観光の町として賑わっているようでした。
[PR]

by masato_ya | 2010-06-22 21:20 | そのほか色々

おふらんす帰り2

c0106036_21144351.jpg


シャルトル大聖堂見学後は、モン・サン・ミッシェルへ移動。とにかく僕が行きたかったところです。

1枚目の写真は夜撮った写真ですが、日が沈むのが遅いので、基本的に明るいです。日没は23:30くらいだったはず。ちょっとだけ夕焼け。

c0106036_21152252.jpg


こちらは朝の写真です。日が出ていても朝と夜。さすがに雰囲気が違います。

c0106036_21161869.jpg


モン・サン・ミッシェルの中にはお土産屋さんもたくさんありますが、本当にハリー・ポッターとかのファンタジーな感じです。

モン・サン・ミッシェルはもともと岩山で、そこに修道院がたてられたものです。現在でも20数人棲んでいて、うち17人(だったと思う)が修道士、修道女だそうです。

まぁとにかく規模のでかい建物で、本当にすばらしいものでした。ちなみに建てられた時の伝説が面白いので、気になる人は調べてみてください(w
[PR]

by masato_ya | 2010-06-20 21:21 | そのほか色々

ただいまです

c0106036_20355148.jpg


ど~も~。

ようやくおフランスから帰ってきだざんす!!イヤミざんす!!

いやぁ、移動時間が片道12時間という長旅でしたが(お尻が鉄になりました)、無事に帰ってこれました。

1枚目の写真は奥様が行きたがっていたシャルトル大聖堂です。

シャルトル大聖堂はステンドガラスが有名で、シャルトルブルーという素晴らしい青色のステンドガラスがあるんですが、それ以外にも聖母マリア様の衣服の一部(聖遺物)が保管されている非常に重要な場所です。

尖塔の形が違うのは火事で焼け残った部分と、新しく作り直した部分だからそうです。

c0106036_2036412.jpg


センターのマリア様に使われている青が有名なシャルトルブルーだそうです。他のステンドグラスもびっくりするほど綺麗で、昔の人が作ったものがこれほど綺麗に残っていることに感動しました。

人間てすごい!!

ガイドの方からはステンドガラスの裏話や、製造方法を聞きました。結構面白い話だったので、今度お会いする機会のある方にはお話ししたいと思います。

う~ん、ちょっと疲れ気味だわぁ~。
[PR]

by masato_ya | 2010-06-18 20:41 | そのほか色々

星にな~れ

c0106036_9494226.jpg


本日はホシガレイ Verasper variegatus です(写真は顔が左向いててごめんね)。超高級魚です。同じく超高級魚、マツカワガレイとは近縁種です。

ホシガレイと言えば江戸前寿司でも珍重されるそうで、実際に売ってるところをみたことがないのでわかりませんが、場合によってはkg当たり1万円を超えるとか、超えないとか。

現在では数が減り幻の魚として扱われているようですが、成長が早く味もよい、市場価格もあるということで各地で種苗研究や放流が行われています。

お刺身とかでも非常に美味しいらしいのですが、さすがに珍しいので職場にやってきても食べれません(笑)。旬は初夏から初秋です。

大陸棚周辺の砂泥底に棲んでいますので、これも深海魚といってもいいかもしれませんねぇ~。

さて、真人屋はこれから新婚旅行に行ってまいります。結婚イベントとしては最後になりますので、これが終わったらようやく落ち着いて更新ができます。

それでは帰ってくるのは9日後くらいになりますので、それくらいにお会いしましょう。

c0106036_950913.jpg

[PR]

by masato_ya | 2010-06-09 09:51 | 真骨魚類

女王様ですねん

c0106036_10472363.jpg


本日はクイーンエンゼルフィッシュ Holacanthus ciliaris です。実は明日から明後日から新婚旅行でいなくなってしまうので、3日連続更新の予定です。

んで、昨日はキングだったんで、クイーンも出さなきゃね!ってことでクイーンのご登場です。まぁ名前の通りの美しい姿です。でも和名のホクロヤッコって・・・(w

この子はカリブ海や西大西洋に分布し、同じ海域に棲むブルーエンゼルフィッシュと交雑することが知られています。なので自然の中で変わった雑種をみることができるわけです。

ちなみに竹島水族館では両種をみることができ、生での比較が簡単にできる良いところです。まぁさすがに水槽は分かれてますがw

しかし、キングもクイーンもいるのでエンペラーもいるのかと思って調べたら、タテジマキンチャクダイのことでした(笑)

ちなみにプリンスとプリンセスは見つかりませんでした^^。
[PR]

by masato_ya | 2010-06-08 10:48 | 真骨魚類

王様ですねん

c0106036_22481882.jpg


本日はキングエンゼルフィッシュ Holacanthus passer です。ここ最近甲殻類専門店みたいになってるので、ここらで綺麗どころを紹介いたします。

この子は東部太平洋の沿岸岩礁域に生息する非常に綺麗なキンチャクダイの仲間です。基本的には単独みたいですが、時折群れを作ることもあるようです。

クイーンエンゼルフィッシュというこれまた綺麗な魚がいまして、それに対応して名前がついたんじゃないかと、どこかの本で読んだような、読まないような?あやふや??

丈夫なうえに餌もよく食べ、結構大きくなるようで、30㎝は超えるようです。
[PR]

by masato_ya | 2010-06-07 22:48 | 真骨魚類