<   2009年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

ご一緒

c0106036_209053.jpg

本日はイボダイ Psenopsis anomala です。といっても1枚目の写真だけ。残りはちゃんと調べていないのでイボダイなんだか、メダイなんだかよくわかりませんww
今回は前回のミズクラゲとのコラボということでやらせていただきました。なんだかクラゲを採集すると、ミズクラゲと言わずスナイロクラゲなんかにもこの子たちはくっついて泳いでます。
c0106036_2011098.jpg

この子たちはほんとに見分けるのが難しくて、調べるのも結構時間がかかります。2枚目以降の子たちもちゃんと調べようと思ってたんですが、いつの間にかいなくなってましたorz。どっかに流されたようで(汗)。
c0106036_20111724.jpg

なんか寄生虫ついてますねぇ。

[PR]

by masato_ya | 2009-07-31 20:12 | 真骨魚類

ふわふあ

c0106036_18322721.jpg

本日はミズクラゲ Aurelia aurita です。もう日本で一番メジャーなクラゲと言ったら本種じゃないでしょうかねぇ。半透明のボデーに白やらピンクっぽいやらの生殖線が4つ並ぶ覚えやすい見た目に名前。まさにTheクラゲみたいな。
ネットで検索するとヨツメクラゲと呼ぶこともあると出てきますが、聞いたことありません。どこの地域で呼ぶのか興味があります。知ってる人がいたらぜひ教えて下さい。
c0106036_18324437.jpg

さてさて、たまに刺されても痛くないせいか、毒(刺胞)がないと勘違いしている方もおられますが、ちゃん毒は持っております。持っておりますが、刺胞に刺されても痛くありません。人によっては皮膚の薄い所に刺胞が刺さるとちょっと痛みを感じるようですが、普通は平気みたいですね。
ちなみにクラゲもプランクトンです。

[PR]

by masato_ya | 2009-07-29 18:33 | クラゲの仲間

はまちゃん

c0106036_1949399.jpg
本日はハマガニ Chasmagnathus convexus です。本当ならば昨日の出演予定でしたが、酔っ払って寝てしまいました(汗)スイマセンorz。
ハマガニは河口域に棲んでいますが、ほとんど水に入らないようです。アシハラガニが棲んでいる場所が近くにあるんですが、アシハラガニは水の中にいることが多いですが、ハマガニは葦原の中でよく見かけます。この子もウロウロと葦の中を歩いてるところをゲットしました。
c0106036_19495933.jpg

それなりに大きく甲羅もしっかりしてていかついですが、カニらしくてかっこいいです。挟まれたことはないですが、結構痛そうな感じがしますね(汗)。雑食性ですが、うちの周りの子はわりと葉っぱを食べてるような気がします。。うちではオキアミ食べてますけども・・・。
体色は紫色が多いそうですが、初めて見たハマガニはアシハラガニと同じような色をしてました。
地域によっては絶滅が心配される種のようです。河口域の干潟や塩生湿地などを大切にね!!

[PR]

by masato_ya | 2009-07-27 19:51 | カニの仲間

右近

c0106036_1973234.jpg

本日はウコンハネガイ Ctenoides ales です。外套膜を稲妻のように発光させるところがきれいなので、水族館ではすっかりお馴染みの二枚貝ですねぇ。まぁ写真には発光しているところが写ってないけどねorz (一応光ってたんだけどわかりづらいっすよねぇ)。
この子たちはサンゴ礁域や岩の隙間などでよく見かけるようです。水深10m~20mくらいに分布しているようですので、ダイビングをしている方たちにはわりとなじみが深いのかな??
さてさて、とても綺麗な色の貝ですが、食えるんですかね?真人屋の基本が最近、鑑賞と食が主体なりつつあるようですww
[PR]

by masato_ya | 2009-07-24 19:10 | その他無脊椎

饅頭怖い

c0106036_1961719.jpg
本日はマンジュウボヤ Amaroucium pliciferum です。これ変な形してますが、ホヤです。群体です。それぞれの個虫は20㎜に達するそうですが、まぁ見た感じなんなのか分かりませんよね(笑)
全体が赤っぽかったり、白色だったり、半透明だったりするそうですが、紅白饅頭なんですかね?
c0106036_1973113.jpg

触った感じは結構硬くて、「なんだこれ、触って平気な生き物か?」とか思いながら壁にくっついていたところをむしり取ってみました。普通の人は見たらたぶんじっくり観察するか、スルーするかどっちかのきわどい生き物だと思いますw

[PR]

by masato_ya | 2009-07-22 19:10 | その他無脊椎

どっち??

c0106036_2014791.jpg

本日はマダラウミウシ Dendrodoris rubra です。本種はクロシタナシウミウシ Dendrodoris fumata のシノニムだという話もありますが、別に僕が論文読んだわけでもないし、ネットを詳しく調べてないので根拠がしっかりと記されているかもわからないので、一応別種として扱っておきます。まぁ・・・・、ぶっちゃけようわからんちゅうことでww
c0106036_202785.jpg

今までマダラウミウシとクロシタナシウミウシを同じ場所で採ったことはありませんが、確かにそっくりな形もしているし、同じ場所で採ったことはないけれど似たような場所ではあります。なかなか難しいところだとは思うのですが、分子生物学とかそのあたりでしっかり違いがわかってるんですかね?
誰か詳しい方いらっしゃったら、不学な僕のために情報お願いいたします!!

[PR]

by masato_ya | 2009-07-20 20:08 | ウミウシの仲間

最高の味  

c0106036_10395960.jpg

本日はシマアジ Pseudocaranx dentex です。アジの中でもその味は最もいいとされ、お値段もいいお魚です(笑)。天然物は数が少なく、一般に出回っているのは主に養殖のようですが、それでもやっぱり美味しいですね。お刺身なんて最高ですね!真人屋は魚の中ではアジが一番好き(食用としてね)と普段から言ってまして、マアジよりも美味しいアジなんて嬉しい限りです。ちなみに最近水族館フリークのかんちょさん達と食べたカイワリというアジもすっごく美味しくて、調べてみたらアジの仲間では最高級の1つだそうです。近くの魚屋にごろごろしてるなぁ(汗)
写真の子は正真正銘天然の子ですが、まだ小さいです。大きくなると1.2mくらいになるそうで、さすがにそこまで大きくなったらあんまり美味しくないんだろうなとは思いますww。この大型のものを伊豆諸島の方や、釣り人はオオカミと呼ぶそうです。
c0106036_10403135.jpg

定置網にかかった子なので少し傷が目立ちますね(汗)。この子は最初は機嫌も体調も悪かったようで、体側に入る黄色のラインが全く消えていたので、シマアジに見えるけどどうなんだろう??みたいな感じでした。

[PR]

by masato_ya | 2009-07-17 10:45 | 真骨魚類

もさもさ  

c0106036_1951691.jpg

本日はコブヨコバサミ Clibanarius infraspinatus です。ちょっと前にちまちまさんが内子と外子の話をしてくれたのですが、タイムリーに普段あまり見かけることがないヤドカリの抱卵を撮影できました。
まあ実際殻の中の話ですので、卵を持ってるとか持っていないとかすぐに判別付くわけないのですが、この子はこの状態のままよちよち歩いていました(汗)。無防備すぎて結構心配しちゃいますw
c0106036_1955744.jpg

よく見るわかるんですが、卵を持つ用の足が片側にしかないので、カニのようにはなっておりません。
c0106036_19561928.jpg

悪いと思いつつ、ひっくり返っていただきました(汗)

[PR]

by masato_ya | 2009-07-15 19:58 | ヤドカリの仲間

カラッパラッパ~  

c0106036_18555023.jpg

本日はソデカラッパ Calappa hepatica です。元祖真人屋にも登場したんですが、カラッパ系は人気が高いので再登場と相成りました。
人気が高いので説明の必要もないかと思いますが、カラッパ出したらハサミ脚の説明はしなければいけない気がしますw。のでします。カラッパは巻貝などを食べており、片方のハサミで固定し、もう片方の手で缶きりのように殻を砕いて中身を出します。なので普通のカニと比べるとかなり変わった形のハサミ脚をしています。実際は巻貝以外にも食べるので、水族館で必ず巻貝をあげているとは限りません。なにせ巻貝はほっておくと水槽の壁に上りますからね(笑)。足もとに置いてあげて、気づけば食べるようですが、気づかなければず~っと同居ですww

c0106036_192844.jpg

上から見るとこんな感じ

c0106036_1925280.jpg

ガードが固い時はこんな人を疑うような目つきです。

[PR]

by masato_ya | 2009-07-13 19:05 | カニの仲間

予告通り  

c0106036_1824798.jpg

本日はゴマサバ Scomber australasicus です。まぁこの魚を知らない人はベイベ~以外にはいないんじゃないでしょうか?それほど食卓になじんだ魚でございます。TACの対象魚にもなってるぜ!!
この画像だとゴマ模様が見えないと思うんですが、マサバとゴマサバの違いは、マサバは腹面ゴマ模様が無く、体高(背中からお腹までの幅だと思ってくれればOKっす)がゴマサバよりもちょっと大きいです。まぁそんなことは比べなきゃ分からんことですが(汗)
さてさて、話は変わりますがちゃんと予告通り2日連続更新できました。元祖真人屋で紹介した生き物も含めると、とてもじゃないですがたくさんの生物を紹介できないので、基本は基本として、その日のノリで更新しようと今、硬く誓いました。なので皆様たまには覗いてみてね。
c0106036_1875723.jpg

ふにゃ~ん。
これならゴマ模様が見えるかな?

[PR]

by masato_ya | 2009-07-11 18:12 | 真骨魚類