カテゴリ:軟骨魚類( 20 )

ブラックチップ

c0106036_1411841.jpg


さぁ、前回サメをやるよと言ったので、今回もサメ~ヽ(・∀・)ノ
今回紹介するのはツマグロ Carcharhinus melanopterus さんです。ツマグロさんはブラックチップと表記されて水族館で展示されていることもありますが、どうしてもボクはチョコレートチップの入ったアイスとかを想像してしまいます(*´д`*)

大きくなると2mほどになる小型のサメですが、体型がかっこいいし、よく泳ぐし、飼育しやすいしで水族館では結構見かけます。ヒレの先端が黒くなっているので見分けもつきやすいですしね。

中央・西部太平洋やインド洋の熱帯・亜熱帯域などに分布しており、現在はスエズ運河を通り地中海にまで分布をヒレげているそうです。

一応日本にも分布していると言われてはいるそうですが、実際に確認されたわけではなく、台湾北東部で確認されているので日本の最南端にもいるんじゃね(゚∀゚)?というくらいだそうです。

この子はひざ下くらいのめっちゃ浅いところにもやってくるそうで、珊瑚礁の綺麗な海でキャッキャウフフしてたら噛み付かれたなんてこともあるそうですので、南国へバカンスへ出かける羨ましい方は、十分気をつけてください。ふーんだ(゚Д゚)ノ
[PR]

by masato_ya | 2013-09-17 14:05 | 軟骨魚類

キラッキラ!!

c0106036_22102656.jpg


いやぁ、またかなり間が空いてしまいました、スミマセン。本格的な体調不良になってしまいまして、未だに治りません(´Д`;) 体力的には元気なんですけどねヽ(・∀・)ノ

さぁ、そんな感じでパパッと更新ですみませんが、本日はホシザメ Mustelus manazo です。
個人的にはスマートな形の理想的サメ体型&背中のキラキラ星模様が好きなんですが、意外と水族館では取り上げてもらえないサメな気がします。

やっぱり水族館的には形の特殊なシュモクザメや、強面のシロワニ、もっとサメサメしているツマグロとかのほうが、ウケがいいんですかね(・ω・`)? ボクはドチザメとかも好きなんですけどね~。

さて、あんまりフューチャーされない☆ザメさん(つのだ☆ヒロ的な)ですが、昔からはんぺんの材料にされたり、フカヒレになったり、日物にされたりとなかなか日本人との繋がりは古く、身質もいいためサメのなかでは高級なものです。

まぁ、実は真人屋でサメを紹介することがあまりなかったので、ちょっとサメ多めでこれからいってみようかな~っていう第1弾でしたヽ(´▽`)/ 

それじゃあボチボチまた更新していきま~す。
[PR]

by masato_ya | 2013-09-12 22:10 | 軟骨魚類

やっべぇ~~

c0106036_2138362.jpg


やっべぇ~~、まじで放置しすぎた((((;゚Д゚))))
もう2ヶ月近く更新してないじゃないですかぁ!!すんません、マジすんません!!
なんかインフルエンザにかかったり、真面目に仕事してたりしてたので、そのへんでのたれ死んでたわけではありません!!

ちゅうわけで久しぶりの更新はヨロイザメ Dalatias licha です。
この子は水深200~600mに棲んでいる深海のサメなので、一般的にはメジャーではないんですが、実は漁獲対象になっているので皆さん、食べているかもしれません。

でも、外国で獲りすぎているので最近準絶滅危惧種としてIUCNから指定を受けました。写真の子は竹島水族館で撮影した子ですが、この子は漁師さんが違う魚を狙って曳いている網に入ってきてしまった子です。

こういう別に狙ってないけど、網に入ってきちゃった子を混獲(物)といいます。水族館ではこういう漁師さんがいらない魚をもらって展示ということが多いようです。まぁ売れるものは漁師さんが売りますから、当然といえば当然ですねヽ(・∀・)ノ

今日はそんな話でした~~。
[PR]

by masato_ya | 2013-03-23 21:38 | 軟骨魚類

さぁ、大きな声で

c0106036_1931419.jpg


言ってあげましょうじゃあないですか!!今更なんて言わせない!!
さぁ、いくよ!!!!

明けましておめでとうございますヽ(・∀・)ノ

ふふふ、帰省したり、風邪ひいてたり、寒くて冬眠してたり、色々あったせいで全然アップしてなかったけど、やっと皆様にご挨拶ができました!!いやぁ、今回は風邪が長引いた。仕事休めないってのも少しはあるけど、やっぱりお年による体力低下かしらんと、ちょっと寂しい気持ちになりました(´;ω;`)

さて、本年の一発目はシノノメサカタザメ Rhina ancylostoma です!!
こちらは新江ノ島水族館からのご紹介。えの水はもう5・6年行ってなかったので、かなり久しぶりに遠征してきました!!そしたら大雪降ったΣ(゚д゚lll)

さて、この子はもう変な形のおもしろザメなのでとっても有名だと思いますが、100くらいある日本の水族館でもたった9館くらいしか見ることができないそうです。そういえばボクもあとはサンシャインで見たことあるだけですわ(意外と水族館に行ってない)。

実は日本では個体数が少ないらしく、たくさん獲れる東南アジアでは漁獲対象になっているんだとか。
まぁどんな料理にされるのかわかりませんが、一度は食べてみたいですねo(^▽^)o

さて、それでは皆様今年もよろしくお願いします。
[PR]

by masato_ya | 2013-01-29 19:32 | 軟骨魚類

今日は最終日

c0106036_12551739.jpg


本日はゴールデンウィーク最終日ですが、みなさん連休楽しめましたか?真人屋はバッチリ仕事でしたが、本日はお休みですのでダラダラしております。まだ働いている皆様、お疲れさん(*´_●`)ノ

昔はG.W.といえばなんかこ忙しいなぁ~、ぐらいにしか思っていなかったんですが、職場を変えてからお客さんの数が増えまして、G.W.は恐ろしいに感想が変わりましたorz
それでもうちは小型施設ですけど、大型施設はも恐ろしいを通り越して地獄なんじゃなかろうか??

疲れているのは分かりますが、人が多いと分かっている時に出かけていますので、皆さんはお店の人に優しくしてあげてくださいね(人;´Д`)

さて、本日はノコギリザメ Pristiophorus japonicus です。ノコギリが鼻先にくっついている変わったサメですので、別に魚に興味のない人でも名前や写真でお姿くらいは知っているのではないでしょうか??

有名どころではエプソンなどの水族館にでっかいのがいますが、あれは外国の子です。日本のノコギリザメは1,5mほどにしかなりません。とってもおとなしいサメですが、あのノコギリをブンブンされると危ないので、ちょっかいは出さないよ~に!!

・・・まぁちょっかいを出すような状況にはならないか(´Д`;)
生息水深が100~800mほどと、意外と深いところに棲んでますしね、会わないですよねw

実はこの子、サメの中では最も上等なお肉とされておりまして、練り物などの原料になっているので、意外と皆さんお口にしているかもしれません。ボクもさっき調べていて知りました(w

c0106036_12545069.jpg


お顔はこんな感じ。
[PR]

by masato_ya | 2012-05-06 13:01 | 軟骨魚類

今年も終わり

c0106036_1119397.jpg


どんも。長い間更新が滞っていて申し訳ありません!!腰の調子が良くなったかと思えばダメになる感じで、今だによくなりませんorz
まぁ、仕事してるから仕方ないんですけどね。それでも腰の負担が重いものは素敵な同僚の人たちがやってくれているんですが・・・(*´Д`)=3ハァ

さて、今年最後の更新ですので、水族館ふりーくさんとこでご紹介されているレアなサメ、ホソフジクジラ Etmopterus brachyurus をご紹介しちゃいます。

この子はわりと底曳き網では見かける子なんですが、体が小さいし食べるとこもないのでだいたいは船の上で海に返されてしまいます。それに深海性なので、上がってきたときには死んでいる子も多いのです。しかし、この写真の子は生きているのです。もう生きて上がってくること自体がレアなのですo(*≧д≦)o″))
しかも~~、子供産んだーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

すごいですねぇ~、驚きです。

c0106036_1120137.jpg


さて、2枚目は死んでしまった子なんですが、こちらの方が体の色がわかると思います。赤くなているのはスレによる出血ですが、黒いところはケガとかそういうのではなく、黒い模様。黒色斑というやつです。しっぽの方に細い模様も入っていてかなりかっちょいい!!

c0106036_112218100.jpg


さてさて、3枚目は生まれた赤ちゃんです。こちらは大きな卵黄がまだくっついていて、あまり動きません。ですので本来は生まれてくる時期ではないのだと思います。事実数日後は卵黄が自然と破れて死んでしまいました。おそらくは深海から上がってきたショックで生まれてきてしまったんでしょう。僕としては細菌病さえ気を付けていれば大きく成長してくれるものと考えていたので、かなり残念でした。

さて、なんだか残念な終方になってしまいましたが、今年はいろんなことがあって充実していたと思います。来年も新しことをバンバンやって、飛躍したいと思います。・・・更新もがんばります。

それでは皆さん、良いお年を(*・∀・)ノ゙ 。+・。゚:*:。・+。・゚*゚
[PR]

by masato_ya | 2011-12-31 11:31 | 軟骨魚類

はんぺん

c0106036_18371178.jpg


どんも、更新する気はあるのに残業続きで体力がもちませんorz
虚弱体質だって言ってるのにハードなスケジュールでございます(w

さて、そんなことを言っている間にネタもだいぶたまってまいりましたので、少しずつ放出を。本日はツバクロエイ Gymnura japonica です。

まるでおでんの頭に付いているはんぺんのごとく、綺麗な丸みのある三角形です。丸みのある三角形って意味がわかりませんが、伝わりますかね-(;-ω-`A)

この子は本州の中部以南に生息しているエイの仲間で、砂泥底に棲んでいます。水族館などでも見かけることはありますが、ほとんど動きません。この子もアカエイと同様に尾部に毒針がありますので注意が必要ですが、言った通りほとんど動きません。

昔、いきなり黄〇伝説で凶暴生物的な解説をされていましたが、大人しいですよ。カワイイですしね。まぁ食用にはなりますので、煮物にして食べるのは正解です。ただ、ほとんど漁獲量もなく、値も安いので市場で見かけることはあまりないかもしれません。ただ、練製品の原料にはなるので、知らないところで皆さん食べているかもしれませんね( ´∀`)
[PR]

by masato_ya | 2011-10-08 18:38 | 軟骨魚類

はんにゃ

c0106036_21225322.jpg


本日はワニグチツノザメ Trigonognathus kabeyai です。職場のヒゲの先輩からの写真提供でございます。この子が獲れた時は僕が休みだったので、わざわざ写真を撮っておいてくれました。感謝でございます。

さてさて、この子は和歌山県で得られた標本をもとに、1990年に新属新種として記載されたそうですので、わりと最近知られるようになった種類のようです。分布に関しても、日本以外ではハワイから1例報告があるのみのようで、個体数はだいぶ少ないようですね。というわけでめっちゃ珍しいサメさんなのですよオォォーーー!! w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w オォォーーー!!

んで、残念なことにうちの職場の方は標本という概念があまりないらしく、僕が出勤した時には標本にも出来ない様な悪い状態でしたので、残念ながら標本することは出来ませんでしたorz
なので、次はかならず標本にするぜ!!・・・レアだから滅多に入ってこないと思うけどね(´ω`。)グスン
c0106036_2123832.jpg


特徴はなんといってもこの飛び出すお口!!ものすんげぇ顔になるんですわ。これ、夜中に目が覚めて、いきなり顔の前にいたらちびりますよ?でもこの子は大きくないので、ビックリするのは最初だけですね(w
[PR]

by masato_ya | 2011-05-16 21:26 | 軟骨魚類

つまり、ツノザメ

c0106036_22174048.jpg


眠い。ものすごく眠いです(-д-)o0。あぁ、なんかもう本日はツマリツノザメ Squalus brevirostris ですよ!!

この子はまだ30㎝程度しかないのですが、大きくなっても最大で70㎝程度の小型のサメです。特徴は名前にあるように、2つの背びれにあるつの(棘)です。アブラツノザメに似ていますが、体に白色点がないことで区別できます。

このサメさん、結構広い範囲にぶんぷしておりまして、棲んでいるところは大陸棚やその外縁、または水深50m~700mの海底近くだそうです。

食用としては練製品として使われますが、この仲間はお刺身にしても美味しいんだそうです。ヨーロッパやオーストラリアでフィッシュアンドチップス売られているのもこの仲間なんだそうな。
[PR]

by masato_ya | 2011-04-17 22:17 | 軟骨魚類

Oh!ワニザメ

c0106036_19501672.jpg


どんも、2日間お休みをいただきまして、頑張ってまいりましたよ!!主にお酒を飲んでですが(w

んで、撮ってきましたオオワニザメ Odontaspis ferox です。この子は珍しいですよ~。ほとんど生態がわかっておりませんからね。熱帯や亜熱帯の水深10~420mくらいに生息しております。見た感じ、少し疲れてきているので、見たい人は早く行かなきゃいけませんね。

この子は竹島水族館で見れますよ。まじでここ最近は竹島水族館しか行って無いですなぁ。たまには他の水族館にも行かなければ( ´・ω・)y━。oO
[PR]

by masato_ya | 2011-04-05 19:50 | 軟骨魚類