カテゴリ:その他甲殻類( 7 )

安産型??

c0106036_19574498.jpg


コメントレスが遅れております。申し訳ありません!!ちょっと腰がぶっ壊れて立ってるのもままならい状態でしたorz
しか~し、お陰様で整骨院でだいぶ修理してもらってきましたので、記事は更新したいと思います。レスはもうちょっとお待ちください。様子を見て明日にでもお返ししたいと思います。

ちゅうわけで、本日はシリブトシャコ Bathysquilla crassispinosa です。この子は水深300~500mくらいに生息しているこで、大きさは30cmを超える大物シャコです。深海性のため、生態はよくわかっていないようです。

食用にもなるようで、結構美味しいようです。体も大きいので食べがいがあるのでしょうね。機会があれば食べてみたいですが、貴重なので食べるわけにはいかないですね゚ヽ(。・c_,・。)ノ゙

お写真はヒメが決めポーズで写ってますが、後ろのシャコがシリブトシャコですよ!!

ちゅうわけで限界がきましたので、また明日!!
[PR]

by masato_ya | 2011-12-22 19:59 | その他甲殻類

オオグソ・クムシじゃないよ?

c0106036_10512755.jpg


どんも、毎日暑いですね。本日はもうだいぶメジャーリーグな深海生物、オオグソクムシ Bathynomus doederleinii です。この子はだいぶメジャーになりはしましたが、未だに水族館では「オオグソ!?」といって切る部分を間違えてお下品なことを言ってらっしゃる方が多く見られますね(●´艸`)フ゛ハッ

さて、色んなところで紹介されているのであんまり書くこともないのですが、軽く書いときますわ。この子が棲んでいる水深は150~600mくらいで、深海の底や大陸棚で暮らしています。食用ではないのですが、食べれることも竹水のスタッフさんが証明しておりました(w
ちなみに竹水のお土産コーナーにオオグソクムシの瓶詰フィギュアが売られ始めたそうです。こちらでご確認を。あ、こちらでもばっちり紹介してくれてますね(w

さて、この子ですが泳ぐ時は逆さま、つまり仰向けになって泳ぎます。ですのでこの子たちにとってひっくり返っていること自体は意外となんていうことでもないらしく、泳いでない時もひっくり返っている時があります。そうすると、まぁ、当然死んでるんじゃないかと思うわけですが、突いてみると意外に元気なわけです。

・・・あんまり驚かせないで欲しいですねぇε-(;-ω-`A) フゥ…

あ、ちなみにダンゴムシの仲間です。そう、等脚目。まぁデカイ括りではありますけども。
[PR]

by masato_ya | 2011-08-11 10:53 | その他甲殻類

おなかいっぱいでおじゃる

c0106036_20302922.jpg


本日はミカドシャコ Kempina mikado です。ひねりがなくてすみません(w

さて、このシャコはなかなか特徴的な模様があるのですぐわかると思いますが、よく似た模様のあるシャコでハヤマシャコというよく似た種もいるのでご注意です( ̄▽ ̄)ノ

さて、この子はなかなか大きくなる種類なのですが、あんまり食用として知られていません。なんでかしりませんが、あんまりまとまって獲れなかったり、獲れる地域では食べる習慣がないとか色々あるんでしょうねw

実は僕もあんまりシャコは食べる習慣がなかったんですが、今の職場に来てからちょくちょく食べるようになりましたねぇ~。うん、ほんとに美味しいですよ。あ、シャコくいてぇ( ´∀`)
[PR]

by masato_ya | 2011-06-05 20:30 | その他甲殻類

トゲトゲトゲトゲ

c0106036_2072560.jpg


本日はヨツトゲシャコ Squilloides leptosquilla です。この子はあんまり知られていないだろうなぁって感じのシャコです。

この子はあんまり大きくならないうえ、身もほとんど入っていないんだとか。今の職場ではちょくちょくシャコの仲間にお会いするんですが、結構いろんな種類が混じってるので、もしかしたらあんまり区別されてないってこともあるんじゃなかろうかと思っています。

棲んでいるところは水深100m~350mほどらしいので、底曳き網で漁獲されているようです。なかなか獲りずらいのも知名度が低い理由の一つかもしれませんね。

いつかシャコだけの変わった水槽を立ててみたいなぁ。
[PR]

by masato_ya | 2010-09-08 20:08 | その他甲殻類

久しぶりに

c0106036_1833724.jpg


本日はセスジシャコ Lophosquilla costata です。そういえば最近ぜんぜんシャコの仲間を紹介していなかったので、今回はシャコで!

この子は普通のシャコによく似ていますが、背中の真ん中の線に(人間でいう所の背骨のライン)、筋がたくさん入っているのでよく見ると簡単に区別がつきます。

また尾節(一番後ろのとこね)に黒い斑紋が1つあるのも特徴ですが、セスジシャコ以外にもトゲシャコなどは持ってるので注意。

よくシャコはエビの仲間だと思っている方がいるようなので、今日は少し真面目な話。シャコはエビ・カニと同じ甲殻類ですが、実は亜綱から違うのですごい遠縁です。ちなみに大きい分類としては界・門・網・目・科・属・種で、亜綱は網をさらに細かく分けたものと思ってくれればいいです。

また特徴としては折りたたまれた鎌状の脚が気になりますが、これはスルーして触角(ヒゲのことね)の先端が3つに分岐しているのが大きな特徴です。エビ・カニは2つに分岐してるんですね~。今度よく見てくださいね~。

また最近では優れた視覚細胞を持っていることも分かり、オーストラリアのグレートバリアリーフに生息するシャコ(ニュースの写真ではモンハナシャコに見えました)は12色の色を知覚できる最も複雑な構造を持っているそうです(人間が近くできるのは3色ね)。

・・・。

あ、もう無理。めんどくさくなってきたので、難しい話はここまで~。
[PR]

by masato_ya | 2010-07-06 18:40 | その他甲殻類

大魔王

c0106036_1995555.jpg


本日はピッコロ・・・、ピコロコ Austromegabalanus psittacus です。うん、実はピッコロって言いたかっただけです。

・・・一応解説的なものを。見た目通りフジツボの仲間で、なんか世界最大のフジツボらしいです。てか本当にでかいです。よく見かけるフジツボとは貫録が違います。チリ沿岸に生息しているらしいです。

なんかデカイだけに食いでがありそうですが、結構な高級食材になったりするんだそうです。一度食べてみたいんですが、なんかいつもそんなことを書いてる気がしてきました(汗)。まぁいいんですけども~、それより解説になってないですね~。

まぁいいんですけども~。2回言ってみました。
[PR]

by masato_ya | 2009-11-08 19:12 | その他甲殻類

ちょっとまにあっく  

c0106036_20494392.jpg


本日はムラサキハダカエボシ Heteralepas quadrata です。流れ藻や流木にくっついてるエボシガイの仲間です。蔓脚類です。さらに言えば甲殻類です。が、この子はイセエビによくついております。ほかの生き物にもきっとついてると思います。

エボシガイの仲間は頭?が殻に包まれているんですが、小さい1対の殻をもっているだけの子です。だから裸です。あとね、なんとなく体が透けてるように見えるんですが、どうでしょうかね?

c0106036_2050533.jpg


まぁどうでしょうかね?って言っても、こんな子はなかなか見かけることはないかもしれませんね~ww。
[PR]

by masato_ya | 2009-10-02 20:51 | その他甲殻類