カテゴリ:真骨魚類( 276 )

生きてますよ

c0106036_17505291.jpg


皆様、超ご無沙汰でございます。

真人屋、生きておりました!!なんだか怪我したり、子供が生まれたり、仕事が忙しかったりとバタバタしておりまして、すっかり放置していましたが、気が向いたので戻ってまいりました。

またよろしくお願いいたします。

さてさて、今日ご紹介するのはインディアン・イエローテール・エンゼルフィッシュ Apolemichthys xanthurus です。クロシテンなんて呼ばれたりしておりますが、名前の通りインド洋のお魚で、シックな色合いのお魚でございます。

あんまり大きくならず成長しても15cmくらい、ご飯も良く食べ、丈夫で大人しい魚なので、アクアリストさんにも人気です。ただちょっと地味だから、すっごい人気ではないかもw

まぁ、あんあまり詳しくないので、今日のところはこれまで~。またね~~。
[PR]

by masato_ya | 2014-05-22 17:52 | 真骨魚類

暑くて泣けてくる

c0106036_19533124.jpg


皆様、クソ暑い中ご機嫌いかが??真人屋は蒸し真人屋となってベトベトしています(´;ω;`)
涙が出ちゃう、だって男の子だもんorz

ちゅうわけで、涙が出るので本日はナミダクロハギ Acanthurus japonicus です。
この子は水族館にいても大きな綺麗な水槽にゴチャゴチャと入っていることが多く、あんまり注目して見てもらっていないような気がしますが、よく見ればなかなか味わいのある綺麗な魚です。

メガネクロハギというよく似た魚がいますが、未だに関係性に疑問があるようで検討が必要らしいです。顔見ればすぐ区別できるんですが、両種の中間の特徴を持ってる子も見かけるんだとか。目の下に小さな白色斑があって、それが下に伸びてたらナミダクロハギ、伸びてなかったらメガネクロハギダだそうです。
両種の特徴を持ってるやつは、ナキメガネクロハギですかね(´∀`*)

さて、この子なんですが、暖かいところに棲んでいる子で、奄美大島とか八丈島とか今まさにヴァカンスシーズンなところに分布してるそうです。羨ましいですね。

さぁ、また明日からお仕事三昧が待っているので、やる気次第ですがまた間があくかもしれません。次の更新は気長にお待ちくださいヽ(・∀・)ノ
[PR]

by masato_ya | 2013-07-25 19:54 | 真骨魚類

ご無沙汰でございますヽ(・∀・)ノ

c0106036_15383915.jpg


皆様、超がつくほどご無沙汰しております。真人屋です。なんとか生きてました!!
仕事に熱中しすぎて、ブログのモチベーションが下がってしまい(遊びまわってたというのもあるw)、全然更新していませんでしたが、先程気が向いたので、更新することにしました~ヽ(・∀・)ノイヤッホ~イ

さて、そんな感じで復活第1弾はソメワケヤッコ Centropyge bicolor です。
名前のとおり、2色に分けれているかなり派手なお魚です。種小名にbicolorって付いてますしね。ヤッコの仲間としては中型サイズになるのかな?15cmくらいになります。

例によって同種同士や近縁種どうしだと喧嘩をしてしまいますが、ほかの生き物となら一緒に飼っても大丈夫でしょうヽ(・∀・)ノ ただ、餌を食べさせるまではちょっと大変です。

今ではかなりお安いお値段で買えるお魚となりましたが、飼育はちょっと難しいのでそれなりに経験を積んだアクアリストさん向けのお魚ではないでしょうかね。とっても綺麗ですが買う時はちょっと悩みましょう。

それではまたね~~ヽ(´▽`)/
[PR]

by masato_ya | 2013-07-24 15:39 | 真骨魚類

これ・・・タン?

c0106036_1892794.jpg


どうも、皆さま如何お過ごしですか?なんだかあっちゅう間に今年も御終いですね。なんだか忙しくて今年は何があったかイマイチ覚えてないです(w

さて、そんな年の瀬と全く関係なく、本日はコーレ・タン Ctenochaetus strigosus です。まぁ見た目通りニザダイの仲間です。

ハワイなどに多く分布しているそうで、結構な藻食性です。ですので、水槽のコケなどをつついてくれるので、水族館でもわりと見かける種類だと思います。そして、わりと名前が書いてない種類な気もします|゚Д゚)))

そして・・・、この子・・・、インターネットの人に聞くと、ほとんどの所で地味だとか、飼育難易度普通とか、混泳普通だとか、なんか目立たない評価ばかりΣ(゚д゚lll) 
なにそれ?みんなこの子の良いところはコケ取りだけじゃないでしょ!?って言おうと思ったら、コケもあんまり食べんし、ちゃんと餌やらんと死ぬとか・・・、もうあんまりじゃありません??

だからワタシがこの子の良いところを皆さんに伝えようと思います。いいですか、刮目してみるように!!

え~っと・・・、






あ、あれだ!!顔が可愛い(。・ ω<)ゞてへぺろ♡
それが一番!!
[PR]

by masato_ya | 2012-12-30 18:12 | 真骨魚類

初お目見え

c0106036_1384051.jpg


どんも~、本日は下田海中水族館から、ワタクシもお会いするのが初めてのお魚、ミハラハナダイ Giganthias immaculatus をご紹介だよ~ヽ(・∀・)ノ

なんでもこの子は、ハタ科として今まで分類されいたそうですが、現在ではこの子1種のみからなるミハラハナダイ科に分けられているんだそうな。

あんまり水族館でも見かけることがない種類だと思いますが、普段はやや深い岩礁域に棲んでいるそうです。伊豆諸島や琉球列島、台湾に分布しているそうで、これだけ広い範囲にいるということは、今後もいろんなところで見つかりそうですね(・∀・)

ほかになんか面白そうな情報もなかったので、今日はこんなもんです。

蛇足ですが、もともと赤みの強い魚ですが、写真はさらに照明が結構効いているので、なんだか不自然な色になっていますが、実物はもっと綺麗な色をしています。
[PR]

by masato_ya | 2012-12-01 13:23 | 真骨魚類

会えました!!

c0106036_14491281.jpg


どんも~、11月に入ったら、前半戦は確実に更新できないほど忙しくなりそうな予感がするので、10月中にもっかい更新です(w

ほんで、本日ご紹介するのはオビテンスモドキ Novaculichthys taeniourus の幼魚、それも緑Ver.です。オビテンスモドキの幼魚は茶色っぽいのが多いと思いますが、たまにこういった綺麗な緑色の子もいます。

実は昔からオビテンスモドキを飼ってみたいと思っていたんですが、なかなか機会がなく、水族館に行ってもご本人様にお会いすることができなくてお慕い申し上げておりましたが、先日、これまた海博(海洋科学博物館)でお会いすることができました。うむ、海博なかなかやるな(`・ω・´)!!

さて、この子ですが成魚と幼魚でだいぶ色合いが変わる子でして、大人になるとだいぶ地味な子になります。そう、大人の落ち着きを見せるのです´_ゝ`)

落ち着きすぎちゃって面白くない!!結婚後の妻が夫に愛想をつかす理由のようですが、実は、これが飼育しようとお思っても、なかなか一歩前に踏み出せない理由だったのでした(●´艸`)フ゛ハッ

いや、地味な子も好きよ??
[PR]

by masato_ya | 2012-10-30 14:50 | 真骨魚類

デンジャラス?ビューティー(w

c0106036_1911994.jpg


どんも、ぼちぼち更新が定期的になってまいりました。良いことです。良いことですが、ここ最近の寒暖の差は良いことではありませんね。寒いかと思ったら暑いくて今日は汗かいてしまいました。風邪ひくわorz

さて、本日ご紹介するのはロックビューティー Holacanthus tricolor です。まァ名前のとおり、外国のお魚ですが、太平洋じゃなくて、大西洋のお魚です。太平洋のお魚は観賞魚だとハワイとか、フィリピンとか、なんとなく馴染みのあるところから来てるので、魚もなんとなく馴染みがあるのですが、大西洋と言われるとイマイチピンときません(´・ω・)チョ~ン

まぁピンとはきませんが、見ればわかるとおりとても綺麗なお魚です。観賞魚として人気があるのでショップなどでは割と見かけますが、飼育の方はちょっと難しいようです。なんか人によって簡単か難しいか評価が分かれるようですが、まぁまぁ難しいよって思っとけばいいのかな??

ただまぁヤッコの仲間ですからね、一緒に水槽に入れる魚にはちょっと注意しなければいけませんね~。
[PR]

by masato_ya | 2012-10-27 19:04 | 真骨魚類

あずまっくす

c0106036_1774118.jpg


ど~も~~!!順調に更新しております。珍しいことです。何ヶ月ぶりなのか、1年ぶりくらいなのか、なぜ順調なのか、謎は深まるばかりですが、本日も更新していきたいと思います( ;⊙´◞౪◟`⊙)

さて本日はアズマハナダイ Plectranthias kelloggi azumanus です。なんか学名が1つ多いような気がするのは、日本のアズマハナダイはハワイ産のアズマハナダイの亜種と考えられているからです。だから間違いじゃないよ。

ほんで、この子は水深100~300mくらいのちょっと深いところから、深海に棲んでいる子で、水族館などではたまに見かける子です。一番見やすい水族館は伊豆三津シーパラダイスかな??違うかしら、どうかしら??まぁ探してみてください。

綺麗な魚ですが、食用としてすり身になってカマボコになっているようです。まぁカマボコの原料はいろんなのが入っているので、驚きはしませんが、使っているすり身の種類が全部書いてあるカマボコがあったら僕は絶対に買いますね(w

まぁ綺麗で珍しいけど、実は食べてるかもいれない魚です。・・・こういう魚って実は多いんですよ?

しかし、写真の子はじつにダルそうです( ´∀`)
[PR]

by masato_ya | 2012-10-24 17:08 | 真骨魚類

初めて見たアル

c0106036_18401597.jpg


どんもこんばんは~、真人屋でございます。なぜか最近真人屋と打ち込むと、魔裟斗屋と変換されて困っております。むしろ真逆の肉体ですわ┌(。Д。)┐ あはは♪

さぁ、全然前フリ関係ないですが、本日はリュウキュウヨロイアジ Carangoides hedlandensis です。この子は最近東海大学の海洋科学博物館(名前長いな)に行ってきた時に出会えたお魚です。名前の琉球と付いていますが、分布的には相模湾なんかでも捕れるようです。

さて、はじめの写真ですが、尻ビレがミョイ~んと伸びていますが、これがオスだそうです。んで、これが伸びていない2枚目の方がメスだそうです。アジの仲間で雌雄の区別が外見から分かる種類ってあんまり知らないんですが、結構珍しいんじゃないですかね??

キラキラしている上に、ヒレが伸びているので結構かっこいいです。イトヒキアジよりもヒレの伸び具合は好きです。やっぱりアジの仲間は良い( ´∀`)

んでこっちがメスね。

c0106036_18434848.jpg


この子達もさすがはアジといったところで、かなり美味しいらしいんですが、やっぱりまとまって獲れないと値段がつかないようです。安値で見つけたらぜひ買って食べてみてください。真人屋はまだ未体験です(w
[PR]

by masato_ya | 2012-10-22 18:47 | 真骨魚類

かさご~~ん

c0106036_2033328.jpg


どんも、ぼちぼち更新してきたいと思います、真人屋ですヾ(・д・。)

さて、むか~し元祖真人屋の方でご紹介したことがありますが、まぁメジャーなお魚のご紹介です。ちゅうわけで本日はカサゴ Sebastiscus marmoratus です。和名は短いのに、学名長いなぁ(●´艸`)

さぁ、このカサゴさんですが、別に魚のことが特段好きとか、普段から釣りしてますとかいう方じゃなくても、大体名前くらいは知っている方が多いお魚だと思います。水族館に行って人が喋ってるのを聞いてると、どっかのおっさんが「あ、こりゃあ~の仲間だ」とか言ってるんですが、大きく別れるのが「タイ」「フグ」「アジ」「カサゴ」といった感じです。たまにアイナメとか(w

それぐらいカサゴは有名っちゅうことですね。ちなみに上記のオッサン式ざっくり分類法はだいたい間違ってますのであしからず*´∀`)

地味ですが意外とどこの水族館にもいる気がしますね。名脇役ですか。よく見てみると、今回の写真のようにロープの上にじっとしているとか、意外とアクロバティックな格好とかしているので、気にして観察すると面白いです。ちなみに食べて良しの万能型でもあります。

さて、このカサゴさん、ものすごく良く似た種類がいて、うっかりすると間違ってしまうぐらいの子がいます。その名も「ウッカリカサゴ」。・・・( ゚Д゚)y !?

まぁ、由来自体はいくつかあるんですが、もう似たりよったりな理由なんで、気になる人は自分で調べてみてください。今日はカサゴの紹介だしね。まぁうっかりカサゴと別種と気づかなかったって感じです(w
[PR]

by masato_ya | 2012-10-19 20:36 | 真骨魚類