カテゴリ:ヤドカリの仲間( 27 )

小町

c0106036_19493571.jpg


長らくご無沙汰しておりました。どうにも微妙な体調不良が続きまして、更新する気力がナッシングでした。今もまだ本調子じゃないですが、だいぶ落ち着いてきたのでそろそろ更新したいと思います。
そう、ちょうどpomu.さんのところも復活したようですしね( ´∀`)

ちゅうわけで本日はコマチコシオリエビ Allogalathea elegans です。
この子はウミシダなんかに隠れている小型のコシオリエビの仲間です。浅いところに住んでいるので、ダイバーの方なんかはよくご存知だと思います。

まぁこの子達は本当に小さくてですね、お写真の子はちょっとだけオオウミシダにくっついていたところをはがして撮影させていただきました。そのあとウミシダに戻したのですが、予想よりも早い動きで隠れていきました。まじでごみんね(w
ちなみに住んでいるウミシダの色によってこの子達も色を変えているようです。

さて、これから体調次第ですが更新速度も通常に戻していきますので、今後とも宜しく御願います。
[PR]

by masato_ya | 2011-11-01 19:51 | ヤドカリの仲間

鎧深海腰折海老。めっちゃ強そうw

c0106036_18581011.jpg


どうも御無沙汰しておりました。採集に行ったり、船に乗ってこれまた採集に行ったりでなかなか忙しくて更新出来ませんでした。失礼つかまつりましたorz

さて、お詫びにまたまたレア生物で許してちょんまげ(古い)!!ちゅうわけで本日はヨロイシンカイコシオリエビ Munidopsis spinosa です。

どうでげすか?なかなかにしていかついでゲソ??この子は水深600mほどで獲れた子なんですが、これは結構浅い水深で獲れたらしく、深い所では3400mぐらいの深い所に棲んでいるものだそうです。

見た目からして鎧っぽいお姿なので、名前の由来はバッチリわかりますね。僕が持っている図鑑だと、原色日本大型甲殻類図鑑が唯一記載されているのですが、お写真の方は標本写真なのか真っ白です。ですのでしっかり色の残っている状態で見るというのは一般的に珍しいんじゃなかろうかぁ~~っと思う次第であります。

c0106036_18583218.jpg


横から見るとまたかっこいいのですよヾ(*・ω・)ノ゜+.゜★ィェィ☆゜+.゜ヾ(・ω・*)ノ
[PR]

by masato_ya | 2011-10-14 19:00 | ヤドカリの仲間

イバラの道よ!!

c0106036_21341070.jpg


どんも~、本日は前に1度紹介したことがあると思いますが、イバラガニ Lithodes turritus です。なんでイバラガニをもう一度紹介するかというと、まだちっさくて初めて見るサイズだったからです。

見たことあるサイズはかなりでかくて食べごろサイズなのですが、この子は甲羅の大きさが500円玉くらいの小さい感じでした。普段見ている子でも、なかなか見かけないサイズだと思いのほか感動がありまして、なんとなく御紹介させていただいた次第でございます(○´・д・)ノ

ちなみに後ろにいるのは左がたぶんフクレヒラホモラ、右上がハリセンボンです。なんかわりと珍しい子たちと一緒にやってきてましたねぇ~。

ちなみにイバラガニはヤドカリの仲間です。
[PR]

by masato_ya | 2011-07-28 21:36 | ヤドカリの仲間

今さら感がビシバシしますが・・・。

c0106036_21513619.jpg


本日はオオコシオリエビ Cervimunida princeps です。ちょおっとテキパキ更新になっちゃいますが、許してくだされ(ノД`)・゜・。仕事が終わらんorz

さてさて、なんだかこの子は本当によく見かけるし、食べちゃったりもしちゃったもんだから、深海生物って気もしない、なんだか微妙な気分になる子です。そのせいか微妙な写真を使ってしまいました(変えればいいじゃないねぇ)。

さて、この子はエビって名前についていますが、ヤドカリの仲間です。まぁ詳しく知りたい方は、調べればすぐに出てくると思いますので、よその方に聞いてみてください。おれ、めんどい( ´∀`)

ほんじゃあ仕事に戻りますので、ま~~~た~~~ね~~~(変なテンションになってる)。
[PR]

by masato_ya | 2011-07-09 21:52 | ヤドカリの仲間

続・おまっとさん

c0106036_18574544.jpg


さて・・・、まだまだコシオリエビの仲間がいるんですが、次は違うのにしようと思います。だって飽きちゃったんだもんねぇ(*´_●`)ノ

ほんで、本日の子は前回の子よりもちょっと大きいですが、相変わらず特徴不足というか、情報不足というか、むしろ両方だゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!! みたいな感じです。しかし、こうやって改めて写真を整理していたんですが、本当にコシオリエビの仲間はたくさんいて、しょっちゅう手に入るのに、どうしてこんなに整理されていないんでしょうか??食べないから??

でも、色んな子がいるので見てる分にはまったく飽きの来ないお方でございます。さぁ、今から真剣に研究してみよう!!って方はいませんか!?ご協力しますよ!!

え?もちろん自分じゃやりませんが、何か問題でも??ウフフ(●´∀`)ノ
[PR]

by masato_ya | 2011-05-31 18:59 | ヤドカリの仲間

おまっとさん

c0106036_2237951.jpg


どんも、お待たせいたしました~。一部のマニア的な方から微妙にリクエストのある良く知らんコシオリエビをご紹介しますよ~(●´艸`)フ゛ハッ

まぁ、この子はめっちゃ小さかったので、まだまだ子供なのかもしれませんけれど、もし大きくなったら種類がわかりますかね??引き続き皆様からの情報提供をお待ちしておりますよ~(人´∀`*)お・ね・が・い☆ミ
[PR]

by masato_ya | 2011-05-29 22:38 | ヤドカリの仲間

知らんもんね

c0106036_202076.jpg


有言実行!!っちゅうことで、コシオリエビの仲間だろうねぇ~( ´∀`)、くらいの子をご紹介しますよ。その名もコシオリエビの1種!!でどうでしょう??_・。)チラッ。ダメ?どう?

まぁいいか(●´艸`)フ゛ハッ
この子はどこで獲れたか、漁師さんから聞いてないのでさっぱりなんですが、深海底曳網漁で獲れたので、水深は200~300mくらいだと思われます。こんな感じの綺麗な子は、ヤギとかそういうモサモサしたやつに隠れているのが多いので、この子もそうかもしれません。いつもはヤギとか丸ごとくれるんですが、この子はチョ~ン!って単品でした(w

ちなみにオオコシオリエビは有名なので、ご存知の方も多いとは思いますが、この子はエビと名前がついていますが、ヤドカリの仲間になります。コシオリエビはサイズも色々で、写真の子は1cmあるかどうかくらいの大きさです。

・・・あ、コシオリエビは種類がわからないのがたくさんいるんだけど、見たい??
[PR]

by masato_ya | 2011-05-25 20:20 | ヤドカリの仲間

えばら

c0106036_20142691.jpg


なんか今日はえらいしんどい1日でしたよ。なんかゴールデンウィーク以来、かなり忙しいですが、なんででしょう(*´Д`)=3ハァ・・・

そんな感じで本日はイバラガニ Lithodes turritus です。カニに見えますが、ヤドカリの仲間で、脚の数が8本なのがわかりやすい特徴です。カニさんは10本ね。写真の子は残念ながら角が折れてしまっていますorz

この子は水深300~600mに棲んでいて、日本固有種です。あんまり多く獲れるわけではないので、食用にはあまりされませんが、食べてみたらなかなか美味しかったですよ。もちろん僕じゃなくて水族館ふりーくのかんちょさんに調理してもらったんですけどね(*・∀・)ノ.ア☆.リ。ガ.:ト*・°
[PR]

by masato_ya | 2011-05-14 20:15 | ヤドカリの仲間

ふっかつ!!!

c0106036_2010742.jpg


クヨクヨしたってはじまらないさ!!さぁ、やることやろうぜ真人屋です。ま、別に怒られたりしたわけじゃないんですけども~。

さて、よくある出したつもりだけど、出してなかったシリーズです。今回はイガグリガニ Paralomis hystrix のちびちゃんです。

この子はカニという名前が付いていますが、ヤドカリの仲間。脚も全部で8本しかないザマショ?この子はインパクトのあるルックスなので、結構みなさん覚えてくれる子です。この子は小さいので大したことないですが、大きくなると当然重くなるので持つと痛───(σ ゜д゜)σ───ぃ!!!

もうね、痛いの。ほんとに。

んで、この子は水深300~600m付近に棲んでいますが、もうちょい浅いところにもいます。昔は日本固有種として考えられていたんですが、なんとニュージーランド付近でも見つかったとか。遠いね~┌(。Д。)┐ あはは♪

一応食べれますし、美味しいですが、もちろん食うのは大変です。竹島水族館のブログをごらんくだされ。
[PR]

by masato_ya | 2011-03-01 20:10 | ヤドカリの仲間

寝落ちしました(汗)

c0106036_19464596.jpg


昨晩は真人屋を更新いる最中に寝落ちしまして、更新できずじまいでしたorz
不覚です。しかも途中まで書いたものも、嫁さんが寝たからもう良いだろうと消してしまったので、始めからやり直しです(´□`川)ゝヵ゛-ン
ドラクエの冒険の書が消えた時の音がしました(w

さて本日はツブエゾイバラガニ Paralomis dofleini です。インターネットの人に聞くと一番最初に水族館ふりーくさんが引っかかります(*^▽^*) さすがです。

さて、この子ですが、インターネットの人に聞いて初めて知りましたが、かなり珍しいんですねぇ。まぁ僕も初めて見たんですけど、そろそろ職場の雰囲気に毒され始めたようで、珍しいのかどうなのかよくわからなくなってきましたw

この子自体は水深500~800m付近で暮らしているようですが、写真の子はたぶん250~300mの間で獲れた子です。日本固有種で個体数が少ないなんて、かなりレアですが、写真の子と一緒に片側の脚がすべて再生した脚の珍しい子も獲れてます。こんな子は他のカニでも見たことないなぁ~。

c0106036_1947539.jpg


ヤドカリの仲間ですが、俗にいうふんどし(尾部)の部分が斜めなのがわかりますか?斜めなのがメスですわ。
[PR]

by masato_ya | 2011-02-16 19:50 | ヤドカリの仲間