カテゴリ:カニの仲間( 60 )

今回は比較検討・・・しません。

c0106036_21131978.jpg


さて、お約束どおり今回はホソウデヒシガニ Platylambrus laciniatus です。前回のヒシガニに比べると、甲羅の形や、目の下にある棘状の突起の有無、腕に生えている突起の形状など、いくつか簡単に区別できる特徴があると思います。

それとね、この子、ヒシガニに比べると小さいのね。以前にも水族館に行くと、「あら、このヒシガニ大きいじゃないの(当時はホソウデヒシガニをヒシガニだと思ってました)」なんてオバサマ風に言って、サイズが違うだけだと思ってましたが、うんコレ違うね(゚д゚)(。_。)_。)

ホソウデヒシガニは見た限りじゃみんな小さかったね(´・ω・)ショボ~ん

ちなみに、めんどくさいことにヒシガニ様は従来3つの型があるとされていたそうですが、現在はちゃんと3種に別れ、あとミツカドヒシガニなる御仁がいるそうです。ワタクシはまだお会いしたことがありませんので、ここでは比べられませんが、お会いしたらご紹介しますヽ(・∀・)ノ
[PR]

by masato_ya | 2012-12-19 00:00 | カニの仲間

謎が解けた!!

c0106036_2182564.jpg


みなさん、真人屋です。実は、かねてから謎であったヒシガニ、ホソウデヒシガニの区別がようやく付いた感じなので、今日はご紹介したいと思います。なにせ図鑑を見ても何が違うかよくわからなかったヽ(;▽;)ノ

というわけで本日はヒシガニ Platylambrus validus です。ツノダシヒシガニ Rhinolambrus contrariusでした!!実は、恥ずかしながらワタクシ、今までホソウデヒシガニをずっとヒシガニと思い込んでいたらしく、今回この子とホソウデヒシガニを見比べてようやく分かりました。この子がヒシガニです(´・ω・) ・・・たぶん。
やっぱり謎とけてませんでした~~orz たぶんって言っておいて良かった(;´∀`)

さて、今度ホソウデヒシガニをご紹介するので、じっくり見比べていただけると違うがわかると思いますので、この子の紹介をします(べ、別に比較して説明するのがめんどくさいとかそんなんじゃ・・・)

こ、この子は水深200mくらいまでに棲んでいまして、砂に潜る習性があります。ほんで、見た目通りやたら長い腕がありますが、この腕・・・何に使うんでしょう?テレビのリモコンとか取るのには便利そうですが、基本的にテレビを見るタイプには見えません(w

まぁ、なんですか、あれですね。よくわかりません(`・ω・´)キリ
[PR]

by masato_ya | 2012-12-17 00:00 | カニの仲間

激レア!!

c0106036_0252760.jpg


ちゃんと予告通り本日はカニを紹介したいと思います。真面目でしょ(*´Д`)ノヤアヤア

さてさて、本日ご紹介するのはコブシガニの仲間でも超レア種?、ビロードコブシ Heteronunia aminata です。

本日会社の方にやってきまして、見た瞬間に「あ、この子見たことない」って思いまして、早速調べたら意外とあっさり種類がわかるというミラクルです。しかも珍しかった(w
てかヒタチオビっていう貝のなかに混ざってた・・・。

なんかこの子は標本自体もかなり少ないようで、なんか適当なことを勢いで言ってる訳ではなくて、本当に珍しいみたいですね。おっどろき~~(゜ロ゜)ギョェ

この子は相模湾、土佐湾、熊野灘でしか記録がないようですが、まぁ今現在はよう知りません。水深120~150mとちょっと深いところにいるので、なかなか見かけないでしょうね。ちゅうか、かなり小さいカニなので、普通は網の目が大きすぎてあんまり船の上まで上がってきませんや~ね。

c0106036_0254451.jpg


ひっくり返すとこんな感じ。

ちなみに昔はイボツブコブシ属になっていたようですが、そのへんの分類が良くわかりません。
[PR]

by masato_ya | 2012-06-26 00:29 | カニの仲間

3月11日

c0106036_20104879.jpg


本日は東日本大震災からちょうど1年目になりますね。被災した方たちには心からのお見舞いを申す上げます。ワタクシ、真人屋の親族も東北に多くいますので、本当に人事ではありませんでした。ボクができることは本当に少ないですが、復興の支援が少しでもできればと思っております。

というわけで、少しばかりでも応援をということで、本日はオオエンコウガニ Chaceon granulatus です。竹島水族館の企画展とモロかぶりではありますが、応援と言ったらもうオオエンコウガニしか思いつきません(汗)

オオエンコウガニは120~1000mほどの深海に棲んでいるカニなので、あまり知られていませんが食用になります。実はズワイガニの代用品として缶詰に使われたりもするので、以外にも食べている方は多いかもしれませんね。

結構大きなカニなので、水族館でも見かけることがありますが、数はそれほど多くないですが、竹島水族館には大体います(w
[PR]

by masato_ya | 2012-03-11 20:12 | カニの仲間

頭が高いガニ

c0106036_20384442.jpg


どうも、今季もあと1ヶ月になりましたね、もう3月です。今日は京都の方とお仕事がありましたので、丹後魚っち館からご紹介´・ω・`)ノ

本日はズワイガニ Chionoecetes opilio のベイベーです。ズワイガニは色々な呼び方があるカニで、マツバガニやエチゼンガニと呼ばれることもあります。あと、ベニズワイガニと一緒になってることもありますが、ちょっと区別して本ズワイガニと呼んだり、色んな名前でブランド化してるところもあるみたいですね。

日本海側では冬の名物として楽しまれ、高級なカニさんの代表みたいなもんですね。まぁ最近は輸入物の安い子もいます。缶詰にもなってますねぇ~、素晴らしいワッショイヽ(゜∀゜)メ(゜∀゜)メ(゜∀゜)ノワッショイ

この子はちょっと前までクモガニ科にされていたんですが、ケセンガニ科に再分類されたみたいです。
[PR]

by masato_ya | 2012-03-01 20:47 | カニの仲間

嫁の方が足が長いorz

c0106036_2255452.jpg


どうも、背は僕の方が高いのに、足は嫁の方が長い真人屋です(ノД`)・゜・。

さぁ、全然話が関係ないので進めますが、本日ご紹介するのはアシナガツノガニ Phalangipus hystrix です。なんだかルックス的には深海生物的な感じがしますが、ぎり深海生物じゃないっぽい深さで暮らしております。大体50~150mくらいの砂泥底なんかで暮らしているそうです。まぁもっと浅いところでも採れるようですけども。

さて、名前のとおり足が長いわけですが(羨ましい)、しっかりと成長したオスは写真のとおりハサミ足の方が歩脚よりも長いんですなぁ~。まぁ、なんでか知りませんけども~(・∀・)

何がお得な感じでこんな手足が長い体になったんだか、とても不思議なカニさんです。こんな体のカニさん、結構いろんな種類がいるのでもし日本語が話せるならみなさんにインタビューしたいですね。
[PR]

by masato_ya | 2012-01-16 22:06 | カニの仲間

おまめさん



c0106036_13552915.jpg
どんも、一生懸命紹介した生き物のリストを作っていたら、甲殻類が意外と少ない気がしたのでご紹介したいと思いマッスル。

本日ご紹介するのはマッスルとは程遠い御方、アシナガマメヘイゲガニ Tymolus uncifer です。まぁこの子も情報の少ないカニさんでしてねぇ、困っちゃいますよねぇ(w

日本には相模湾から九州に分布しているようですが、世界的にも広く分布しているらしく、インドとかアフリカ東岸とか図鑑には書いてあります。小さくせにグローバルな分布で生意気ですな(*´・ω・)

あ、小さいと書きましたが、甲羅の大きさは1cm位しかありません。言い換えるならば10mm!!言い換える意味は特にありません( ´・ω・)y━。 o ○(´

まぁ、小さいので網に入って持ってこられると大概ハサミとか無くなっているので、扱いの難しい子です。扱いが難しいって書くと気難しいみたいな感じもいたしますね。どうでもいいですが。
[PR]

by masato_ya | 2012-01-13 15:30 | カニの仲間

おぉ、開花無理orz

c0106036_16212596.jpg


どんも、今日は土曜日ですがお休みでございます。普段は平日休みなので、外出する気も起きずにぼんやりとしております。

今日ご紹介するのはそんなぼんやり気味のカニ、オオカイカムリ Dromidiopsis dormia でござ~い(*´_●`)ノ

この子はその名のとおり、カイカムリというカニの中まで、体がカイカムリよりもだいぶ大きいです。日中は岩の隙間など暗いところに潜んでいるようですが、動いているところを僕はほどんど見たことがありません(w

この子は一番後ろの脚で海面を背負って体を隠しカムフラージュする変わった習性を持っています。水槽に入れていても、何かしら背負いたいのが、適当にスポンジフィルターとか背負ってます*´∀`)

ちなみにカイカムリのハサミはピンク色ですが、この子の爪は白です。フレンチネイルかと嫁に突っ込まれました(w
[PR]

by masato_ya | 2011-11-05 16:21 | カニの仲間

お暑うございますね

c0106036_10201985.jpg


どんも、御無沙汰しております。夏休み変速シフトと直射日光にやられております、真人屋ですorz

本日はちょうど今の時期に採れる小型のイシガニの仲間、シワガザミ Liocarcinus corrugatus です。このカニさんは大きくならないカニさんで、甲羅の幅が大きいやつでも2~3㎝くらいですかね。挟まれても痛くありません( ´∀`)

まぁ磯遊びで見かけるようなカニじゃないので、挟まれる心配以前の問題ですな。見分け方は簡単で、甲羅にシワが入ってます。名前の通りで判別しやすいですね。素晴らしい。

小さいので食用にはなっていないようですが、多分から揚げとかにすれば食べれます。カニせんべい。
[PR]

by masato_ya | 2011-08-15 10:20 | カニの仲間

遅れ報告

c0106036_23184874.jpg


どんも。真人屋です。本日放送の「世界の果てまでイッテQ」、見た人いますか?なんだかマンボウの特集があったようですが、真人屋のお写真が使われたようです。なんで使われたと断言しないか。なぜならいつ放送するか知らんかったから自分で見てないからなんですなぁ~~(´∀` ) さっきまで花火見てたよ、あはは。後輩が教えてくれました。ありがと~~!!
皆さんに自慢しそびれました。なんかyoutubeとかで見れるの??知らんけども。あ、あとテレビ見てきた方がいらっしゃいましたら申し訳ありません。ここはユルユルのグダグダですorz

さて、前フリが長くなってしまいましたが、本日はケアシガニ Maja spinigera です。まぁ名前の通りですが、毛が生えてます(●´艸`)フ゛ハッ
他に言うこともありませんが、甲羅の形はなかなかかっこいいと思います。いや、むしろかなりかっこいいと思っています。ちなみにこの子もクモガニの仲間。
[PR]

by masato_ya | 2011-07-31 23:21 | カニの仲間