和洋折衷

c0106036_20144918.jpg


どんも~、この記事を書いて早くお酒が飲みたい真人屋ですヽ(・∀・人・∀・)ノやぁ!!

今日の子はちょっと資料があまりないので間違いない!!って自信がないのですが、本日はドラゴンオサテエビ Tanmastocheles cheles です。

う~ん、昔名古屋港水族館の標本で見た記憶があるのですが、詳しいことはわかりません(覚えてません?)。てか和名も学名もこれであってるんだか??って感じです。まぁもし和名がこれであっているとしたら、最近和名に外国語が入ることが多い気がしますねぇ~、って感じでございます。まぁ誰か詳しい方がいれば教えてください。

さてさて、ちょっと前にオサテエビをご紹介したのですが、この子はハサミの形が違うので、その辺を良く観察してみてください。普通のオサテエビの方が長いほうのハサミの形が痛そうな感じです。まぁ真人屋よりも超ビッグネームの某市場魚介類図鑑の方が比べやすいので、そっちを見た方がいいかも(●´艸`)

はてさて、実は名前がもう完全に分からんやつは真人屋にはほとんど登場していません。なんかすっきりしないからって理由なんですが、なかには面白いのもいるのでこれからは前面に押し出していこうかと思いますので、もし知っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。よろしくお願いします(人´∀`*)お・ね・が・い☆ミ
[PR]

by masato_ya | 2011-05-24 20:16 | エビの仲間

<< 知らんもんね    はっつぁん >>