横文字フグ

c0106036_1953834.jpg


どんも、本日はブルースポッテッドトリガーフィッシュ Balistes punctatus です。

モンガラカワハギは水族館でよく見かけますが、この子は東大西洋の砂泥底や岩礁域に分布している子で、写真の子はガーナ共和国からやってきたそうです。

太平洋の魚ってわりと日本でも見かけるし、同じ種類が外国にもいるんですが、大西洋の種類ってあんまり見かけないと思います。実際フランスで水族館に行った時も、全く種類がわかりませんでした(w

一応どの仲間なのかってレベルでは分かるんですが、知らない魚ばっかりなんですよね。グアムのトンネル水族館では種類がわかる子が多かったですけど(o´Д`)=з

話を戻しますと、この子は成長すると60cmにもなりまして、フグ特融の丈夫な歯で甲殻類や2枚害をバリバリ食べちゃうそうです。昔海響館でお会いしたんですが、今も元気でやっているでしょうか。その時は日本で初めての展示っぽかったそうなんですが、今ネットの人に聞いても他の水族館でひっかかりませんので、まだどこも飼育してない気がします。
[PR]

by masato_ya | 2011-03-04 19:53 | 真骨魚類

<< 小金持ち    白下げないで赤上げない >>